記事

「相撲協会は閉鎖的な村社会」貴乃花夫人がついに本音を

「相撲協会は閉鎖的な村社会」貴乃花夫人がついに本音を

「親方は私利私欲じゃなくて、角界のためを思って行動しているのにみんな上ばかり見ている。相撲協会は、閉鎖的なムラ社会なんですよ」

 景子夫人(53)は最近、近しい関係者に怒りをぶちまけたという。

 暴行事件の構図は、いまや貴乃花親方(45)と相撲協会の争いとなっている。5度にわたる鏡山危機管理部長(59)の訪問に、無視、居留守を使いつづけ、接触を拒む貴乃花親方。事態解決に協力しない姿勢に、批判の目はいつしか貴乃花親方に向けられはじめた。

 そんな孤高の親方を支えているのが、最大の理解者である景子夫人だ。

 1988年にフジテレビに入社し、その美貌から女子アナブームの火つけ役となった。人気絶頂の1994年に退社、翌年に貴乃花親方と電撃婚。だが、将来のおかみさんには賛否両論だった。

「上昇志向が強く派手好き。気の強さがマイナスにならなければいいが……」という民放関係者の話もあれば、地元の宮崎で彼女をよく知る人物は、「宮崎人気質の『日向かぼちゃのよか嫁じゃ』って言われるぐらいだから辛抱強い。勝ち気で人をまとめることが必要な、おかみにはぴったり」との声まで。

 それはおかみさんになっても変わらず。

「おかみさんは部屋に住み込むのが当たり前。中学を出たばかりの子供もいるし、常に目を配る必要があるからだ。だが、景子夫人は自宅通い。それが無責任と映るようで、“通い妻” ならぬ “通いおかみ” と揶揄されている。

 一方で、おかみ会の中心的存在で、一門を超えた集まりを開催。そのなかで貴乃花親方の考え方を伝え、それをおかみさんたちが持ち帰り親方に伝える。そうやって、角界に貴乃花親方を支持する輪を広げていこうとしていた」(協会関係者)

 景子夫人の “本音” を、近しい関係者が代弁する。

「ネット上では、貴乃花親方を支持する声が多い。それを景子夫人も知っている。12月20日の理事会で降格処分を受けたら、世間の風向きが変わると目論んでいるし、自ら進んで処分を受けるように仕向けているとしか思えない。

 この “パフォーマンス” を助言しているのが景子夫人。これこそが逆襲のシナリオ。あとは、貴ノ岩をどのタイミングで世間に出すかを見計らっている。貴ノ岩の所在は、貴乃花親方と景子夫人の2人だけが、その秘密を共有している」

 12月14日、都内でおこなわれた景子夫人の講演会で、ひときわ強調した言葉が印象的だった。

「神に向き合うことは、自分に向き合うことでもある。土俵での振舞いは、自分の生き方がそのまま出てくる」

 白鵬への戒めとも思われる言葉。土俵の神様に生涯を捧げた貴乃花夫妻の策は功を奏するのか。

(週刊FLASH 2018年1月2・9日合併号)

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。