記事

シェールガスを巡る議論が再燃

米国におけるシェールガス開発がほとんどバブルの様相を呈してきています。

このブームにあやかって今週だけでも:
ボナンザ・クリーク・エナジー(BCEI)
アイナジー・ミッドストリーム(NRGM)
ラレド・ペトロリアム(LPI)
サンチェス・エナジー(SN)
などの直接、間接的にシェールガス開発に関係する企業がIPOする予定です。

その一方で:

シェールガスの生産の際に使用される破砕法(ハイドロ・フラッキング)と呼ばれる手法が大量の水を使う事、また地下水を汚染する疑いを持たれている事など、いろいろな懸念も表明されています。

州によっては業者が破砕法を用いる場合、どのような化学物質を破砕液に配合するのか、その技術的なデータの詳細の開示を義務付けようとする動きも出ています。
破砕液の配合やフラッキングの段取りはそれぞれの業者の企業秘密であり、それを開示することには業界の反発も大きいです。

その反面、環境団体や住民の懸念もたいへん大きいものがあります。

米国の独立系のシェールガス開発業者は今どんどんオイルメジャーや外国の石油会社に買収されており、「山猫操業」的な開発は次々にビッグビジネスに置き換わっています。

このビジネスが将来、どのくらい健全に、なおかつ経済的合理性を維持しつつ発展できるかはペトロチャイナのような新興国の石油会社にとっても極めて大きなインパクトを持ちます。

なぜなら中国、アルゼンチン、メキシコなどには巨大なシェールガスのリソース(*)が眠っているからです。

リンク先を見る

(*)=これらの「リソース」のうちどれだけが経済的に生産できるかは、水資源に与えるインパクト、環境破壊のインパクトなどと天秤にかけられた上ではじめて確定する性質のものです。従って天然ガス確定埋蔵量との単純比較は余り意味が無いことを断っておきます。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    山本太郎「約束が反故にされた場合、我々は暴発する可能性も」

    田中龍作

    10月16日 09:34

  2. 2

    GoToトラベルという劇薬にすがる観光業と旅行者。感染激減なのに旅行ふるわずやばい状況

    かさこ

    10月16日 09:20

  3. 3

    冤罪で21年間を獄中で過ごした青木惠子さん 「娘殺し」の汚名が晴れても国を訴える理由は

    小林ゆうこ

    10月15日 14:36

  4. 4

    「ショートパンツの女の子見たいならサッカー観戦」また立憲!新人の“軽薄ツイート”が物議

    女性自身

    10月16日 10:57

  5. 5

    高市氏の影響が大きい自民党の選挙公約 期待されたハト派の岸田氏はどこにいったのか

    小宮山洋子

    10月16日 11:40

  6. 6

    アートにコスプレ、古代史まで…女性の趣味を荒らす“上から目線な男たち”

    女性自身

    10月16日 09:47

  7. 7

    モデルナワクチンの若年男性への原則投与中止勧告 日本が有事から平時に移行した証

    中村ゆきつぐ

    10月15日 09:20

  8. 8

    総選挙予測 投票率50%代後半~60%なら自民の単独過半数割れもあり得る

    NEWSポストセブン

    10月16日 11:29

  9. 9

    「俳優・香川照之の起用は大正解」朝の情報番組でジャニーズを見たくない人はTBSの新番組がいい

    PRESIDENT Online

    10月15日 12:53

  10. 10

    「ほとんどが“◯×△”。あれはどうなんだ」古舘伊知郎氏、自民党総裁選の候補者を招いた報道番組に苦言

    ABEMA TIMES

    10月15日 15:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。