記事

枝野幸男代表に期待すること

枝野幸男代表が、あちこちで「憲法改正は優先事項ではない」と繰り返して発言している。
それを言うのは戦略的で、世論調査でも優先度が低い状態では、政権への抑止効果として言わねばならぬだろうし、立憲民主党を勘違いして支持している護憲派サヨクを繋ぎ止める方便でもあろう。

だが、言っておくが、全野党のうち、最もアイデンティティーが明確なのは立憲民主党であり、それは「立憲主義」を掲げているからだ!
民進党から分裂した他の野党にはアイデンティティーがない。
「立憲主義」をもっと前面に出し、国民の理解を深めれば、自民党をしのぐ明確な理念の党として、リベラルはもちろん、保守層にもアピールできるはずである。

「立憲主義」の立場から言えば、安倍政権はまったく憲法に縛られていない。憲法を平然と無視している。
憲法違反を平然と行うということは、民主主義が「真っ当に」機能していないということである。
枝野氏は「真っ当な政治」と言っていたが、ぜひその理念は貫いてもらいたい。

今の憲法では権力を縛れない!
これを直視しない護憲派サヨクは、そもそも立憲主義の意味すら分かっていない民度の低い者たちである。
社民党や共産党を何故支持しないのか? 

現在の世論調査を見て、優先度が低いというなら、永遠に改憲の優先度は低いままだろう。それが民度なのだ。
政治家はただ民度に合わせてやっていれば、国民を救えるとは思って欲しくない。
まさに堕落したポピュリズムである。 

そんな生易しいポピュリズムでは、民意も憲法も民主主義も無視する安倍政権の、「権威主義」や「パターナリズム」を打ち破ることはできない。

安倍首相はどんなしょうもない改憲であろうと、「発議」にもっていくだろう。
憲法改正があるから日本会議や自称保守派は、安倍首相を支持してきたのだ。
最大の支持勢力を裏切って、自分の首相時代を終わらせるわけにはいかない。

立憲民主党は、代案を出して議論に持ち込むことができなければ、党のアイデンティティーを捨てたことになる。
社民党や共産党と一緒に反対運動だけで通したら、まず小林よしのりは立憲民主党から離れることは間違いない。
その欺瞞を追及することになるだろう。
同時に、サイレント・マジョリティーたる一般庶民の期待も一気にしぼむことになる。

そもそも世論調査の優先度など何の価値もない。
憲法論議は常日頃やっておくのが民主主義の先進国の作法であって、日本人のように「憲法に無関心」な国民では、権力がすでに憲法を踏みにじる暴走状態であるか否かも、見抜くことすらできやしない。
憲法を無視するということは、民主制も無視しているのであり、それでも国民が怒らないのは異常なのだ。
権威主義に国民が依存し、すでにソフト・ファシズムの状態が完成しているということである。

枝野代表はそこを見抜いて、先手を取ることは絶対に忘れないでほしい。
安保法制や共謀罪で敗北したことから、何も学ばないで、同じ愚行を繰り返すことは絶対にないように!

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。