記事

前川喜平さんインタビュー「加計・森友のような不正、お友だち優遇案件はあちこちにあるのではないか」

2/2

教育勅語の暗唱は教育と言えない

 ――森友学園の方は教育のあり方という点でも大きな問題がありましたね。

 森友問題は直接的に文部科学省の問題ではなかったのですが、日本会議が言っているような国粋主義的な精神を養うために、教育勅語に基づく教育をするという問題がありました。すでに塚本幼稚園で幼稚園児に教育勅語を暗唱させるなどとんでもない愚かなことというか、やってはいけないことをやっていましたよね。私はこれは教育ではないと思います。これを「すばらしい幼稚園だ」と言う人の気が知れないのですが、そういう人が日本のトップにいるというのは非常に危険だと思いますね。

 教育勅語というのは、言ってみれば反憲法的文書です。だからこそ戦後、衆議院でも参議院でも確認排除決議とか失効確認決議とかが行われているわけで、今の憲法の柱になっている基本的人権の尊重や国民主権、平和主義の考え方に反している。こうした教育勅語を教育の指針や理念にするわけにはいきません。だからこそ教育基本法ができたわけですし、改正されたとはいえ、改正教育基本法のもとでもやはり教育勅語の存在は認められません。

 教育勅語はまず神話国家的な国体思想というものに基づいていて、「わが国体の精華」という言葉が出てくるのですが、それは万世一系の天皇家を総本家とする一大家族国家として日本という国があって、日本人はみんな血でつながった家族だという観念です。これが戦前の家父長制的な家制度と結びついて個人の尊厳と、とりわけ女性の尊厳を全く認めないような男尊女卑の考え方のもとになっていたわけです。

 そして、「道徳」というものは皇祖皇宗が立てたと、「徳ヲ樹ツル」と言っているわけですね。「我カ皇祖皇宗国を肇ルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ」と言って、天照大神や神武天皇といった天皇の祖先がこの国をつくった。それと同時にこの国の道徳もお立てになった。それを指して「道義国家」と言って、前の防衛大臣がそういう言葉を使っていましたけど、その道徳というのは天皇に対して忠義を尽くすことが中心で、そこから派生して、自分の家族の中のトップであるお父様、あるいはお祖父様に対して孝行しろということで、「忠」と「孝」とが一本でつながっているわけですね。

 大きな家族の中の「忠」と、小さい家族の中の「孝」というのは1つの価値観の中に入って、それが縦軸になっていて、そこに「夫婦相和シ」とか「兄弟ニ友ニ」とか「朋友相信シ」という言葉が出てくるわけで、最後に「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スへシ」と言って、とにかく天皇のためにだったら命を捧げろという思想になるわけです。

 こんなのものが今の日本の教育の中に存在する余地はありません。かろうじて存在する余地があるとすれば、批判的に見るべき歴史的文書として、戦前の日本ではこんなものをつくって国民の精神をここに同化していって、それぞれの個人の尊厳を放棄させるように仕向けたものだと批判的に見る対象としてだけ使える。ですが、教育勅語を教育の理念に据えるみたいなことはあり得ないことですので、塚本幼稚園のようなものは本来なら存在できないものだと思います。これが存在していることが問題で、まともな民主的な政府ではないから放置されてきたのだろうと思います。

フェイクニュースによって闇の権力が拡がる

 ――行政私物化も問題ですが、前川さんが加計学園の問題を告発する前段のところで読売新聞による個人攻撃があるなど、メディアの私物化も問題ですね。

 私が行政の私物化以上に怖いと思ったのはメディアの私物化です。メディアという言葉は媒体という意味で、それは権力と主権者との間をつなぐものですよね。権力は代議制民主主義を通じて形成される。つまり総選挙をして衆議院議員が決まって、そこから首班指名で内閣が決まる。主権者である国民が行政権力をつくっていくわけですけど、それがつくりっ放しになっているわけですよね。権力を握った人たちがその説明責任を果たす場として憲法が用意しているのは国会しかないわけです。

 国会が事実を追及しようとしても、徹底して隠ぺいするということは現実に可能なわけで、それを引っ張り出して、明るみに出して国民に知らしめるという仕事をするのはメディアで、これまでもメディアのおかげで国民が知ることができたという事実はたくさんあるわけですよね。沖縄の密約みたいなこともその1つの大きな例だと思うし、メディアがしっかりと権力を監視する役割を果たしてくれないと、国民は主権者とはいえ、政府が何をしているのかを知らなければ、それを代議制のプロセスによって是正することもできないわけです。どういう不正があるかわからなければ是正もできません。

 ところがメディアが逆に政府のプロパガンダ機関になってしまったら、「いいことをやっている」ということだけが流されて、「じゃあ、いいじゃないか」ということで、真実の情報ではないいわばフェイクニュースによって代議制民主主義が空回りするというか、権力の実態をそのまま放置していってしまう。見えないところにどんどん闇の権力が拡がっていくということが起こると思うんですよね。

加計・森友のような不正はあちこちに?

 そして実際にいま起きていると思うのです。その闇の部分で、国民から見えないところで「このくらい大丈夫だろう」というのでやっている行政私物化が起こってきている。「このくらい」という感覚が彼らにはあると思うのです。「たかが8億円だろう」と。国会家予算90何兆円の中のたかが8億円だと。

 国の資産という意味ではもっと大きいですけど、国の持っているたくさんの資産の中のたかが8億円の値引きじゃないかと、こんなの誤差の範囲だというぐらいの感覚で、そのくらいのことでお友だちの便宜を図ったって全然問題じゃない。もっと大きな大義のために我々は仕事をしているんだみたいなね。「たかだか一つの獣医学部を今治につくる程度の話でしょ。それが何か問題なの?」「わが政府はもっと立派なことをやってるんだ」というわけです。

 それが先ほども紹介した二階幹事長の「小さな問題」という発言だと思います。あれは本音だと思うんですよね。加計学園や森友学園は小さな問題で、「この程度は許される」という感覚がすでにある。ということは、ほかにも国民が見逃してしまっている彼らから見て「小さな不正」があちこちにあるのではないかという気がするんですね。

加計以外に私自身が経験したお友だち優遇案件

 加計学園の問題以外に私自身が経験したお友だち優遇案件というのは「明治日本の産業革命遺産」というもので、従来のルールをひっくり返したという問題です。世界文化遺産というのは文化庁の文化審議会で順番に審議していくという確立したルールがあったのに、それをすっ飛ばして候補案件リストのずっと下にあった「明治日本の産業革命資産」を、当時はまだ「九州・山口の近代化産業遺産」と言っていたのですが、それを突然トップ・プライオリティーのところに持ってくるために、審査機関として文化審議会とは別の有識者会議というのを内閣官房につくって、この案件だけはここでやるということにしたんです。

 ルールもなにもあったものではありません。ほかの案件とは違い、「産業革命遺産だけは別の審査機関を設けます」と言って、それで文化庁の文化審議会が推薦したキリシタンの遺跡と長崎の教会群という候補と、「明治日本の産業革命遺産」という内閣官房のほうで勝手に担いだ別ルートで審査したものと、推薦案件の候補が2つ出てきてしまったわけです。しかし、ユネスコは1年に1件しか受け付けないのでどちらかにしなければいけない。

 これは内閣官房がこんなことをやり始めたときから文化審議会のほうは負けてしまうという予想はついたわけですけど、案の定、長崎の教会群は後回しにされて、安倍首相のお友だちである加藤康子さんという人が一生懸命担いでいた「明治日本の産業革命遺産」というのが出て2015年に実際に登録が行われたわけです。

 これは徴用工の強制労働の現場だということがあって韓国側からものすごい猛反発を受けたわけで、それに対してユネスコの世界遺産委員会の場で日本政府が一定の方針を表明していて、「情報センターをつくります。そこで朝鮮半島出身者が強制的に働かされたという事実について説明します」と言った。強制労働「forced labor」という言葉は使ってないんです。だけど「forced」という言葉は使っていて、強制的に働かされたという事実はきちんと説明しますという国際約束はしている。しかし、その国際約束をまだ果たしてないという問題があるのです。

 その場所を「六本木につくれ」と、私は和泉洋人首相補佐官に言われたのですが、「ちょっと待ってください」と押し返しているんです。六本木に国立新美術館というのがあるんですけど、「国立新美術館の中につくれ」と言われたのです。なぜ六本木にある国立新美術館なのかということで、当時の松野博一文部科学大臣に相談して、松野大臣も「それはないだろう」となった。それはそれぞれの現場につくるべきでしょう。

 長崎造船所とか、軍艦島とか、長崎で指定された場所がありますから、その説明をする場所に軍艦島では朝鮮半島出身者が強制的に働かされたんだということを説明する場をつくる。八幡製鉄所なども指定されていますから、八幡製鉄所に「ここで朝鮮半島出身者が強制的に働かされました」ときちんとわかる情報センターをつくるのが筋です。なぜ六本木につくるのかということで、これは押し返したのです。押し返せた案件は少ないのですが、これは押し返した中の1つです。

 そういうわけで、「明治日本の産業革命遺産」というのもお友だち案件で、かなり無理をして本来のルールを曲げたという事例があるわけです。ですので、恐らく各省にこの程度のものはたくさんあると思います。

(月刊誌『KOKKO』12月号より)

あわせて読みたい

「前川喜平」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  3. 3

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  4. 4

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  5. 5

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  6. 6

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  7. 7

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  8. 8

    個人事業主はマックの戦略に学べ

    かさこ

  9. 9

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  10. 10

    自民党内で広がる石破茂氏推す声

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。