記事

【読書感想】勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

1/2

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント


Kindle版もあります。勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

勝負師と冒険家―常識にとらわれない「問題解決」のヒント

内容紹介
三手先を読む、三日先を予想しない/運の差じゃなくて、運をつかむ実力の差/負けない手を打っていては絶対に勝てない/いま持っている力は温存せずに早く使え/最終局面は反射神経が勝負を決める/画期的なアイディアはハイリスク/目先のことを一回否定してみよう……。

斯界で各々頂上を極めた棋士と冒険家。その異能の才が織りなす至言の数々に驚き、学び、愉しむ、珠玉の対談。冷静と熱情、至言と雄弁、すべてに対照的な二人が、相通じる勝負の「決断」を糸口に語る「問題解決力」とは? 勝負に、人生に、そして家族と、畏友はどのようにして、さまざまなハードルをクリアしてきたのか……。


 先日、「永世七冠」を達成した羽生善治さんと、アドベンチャーレースや数々のヨットレースで活躍している海洋冒険家・白石康次郎さんの対談本です。
 棋士と海の冒険家なんて、接点がないというか、異種格闘技みたいなものだろう、と思ったのですが、意外なことにお二人は初対面で意気投合したそうです。

白石康次郎:最初に羽生さんと会ったのは、富士通の講演会のときでしたね。お互いに富士通で、講演をやったのがきっかけでしたね。

羽生善治:そうでしたよね。

白石:ある日、富士通の講演担当の坂本美奈さんから「羽生さんと白石さんは、『決断』の基準が同じですよ」と言われました。富士通にはいろいろな研修があって、対象者のニーズに合わせてテーマや講師を選んで決めていくことを仕事にしている女性なんですよ。そんな何百人もの講師との接点がある中で、決断のプロセスや決め手が最も似ているのが僕たちだと言われました。そこで「今度羽生さんが講演するから、会いに来ませんか」と誘われたんですよ。で、図々しく伺いました。

羽生:たしか、私の控え室に来られたんですよね。


 白石さんと羽生さんのファーストコンタクトの話を読むと、白石さんのほうが少し年上とはいえ、天下の羽生善治にマイペースで接する様子に、読んでいるほうがハラハラしてしまうくらいです。
 羽生さんって、あれだけの名声を得ながら、こんなにフラットに人に接する人なんだなあ、と感心してしまいました。
 そういうところが、羽生さんの凄さであり、強みなのかもしれません。

 僕は羽生さんの著書はかなりたくさん読んでいるので、この対談のなかでは、白石さんのヨットの話がけっこう面白かったのです。スポンサー探しの苦労とか、ひとりで海の上でヨットの修理をしなければならないこととか(修理するための機材も「荷物」になるので、どこまで修理用具や予備の部品を載せるか、というのも戦略のひとつなのだそうです)、こんな世界があるんですね。
 日本ではそんなにメジャーでもないし、企業の大きな宣伝になるわけでもないのに、すごくお金がかかってしまうヨットレースは、続けるだけでも、けっこう大変みたいです。

羽生:私が白石さんに会うまでは、ヨットの世界ってそれこそすごい猛々しい男たちが豪快にやっていくものだと思ってたんですよ。だけど膨大なデータを集めたりとか、細かなテクニックを磨いたりとか、どう言えばいいんですかね。すごい野性的なところと、最新のテクノロジーとが融合しているんだなあ、というところに新鮮な驚きを感じたんですね。私から見ると「あ、すごい、これ、おもしろい世界だなあ」と思ったんです。

白石:それは、羽生さんの視野の広さがあってこそです。

羽生:しかも、何かテクノロジーに頼っていないところが、またすごいところで、私が聞いていて一番印象に残ったことがあって、それが「調子が悪いときはラップトップのデータを見るけど、調子がいいときは自分の直感を信じる」という言葉でした。「あっ、それはそうだな」と。ものすごくその感じがよくわかったんです。たしかに、データもあるし、GPSもあるし、いろんなやり方もあるんだけど、でも最終的に人間の研ぎ澄まされた勘とか感覚とか、積み上げたものとかというのは、やはりとんでもない価値があるというところを、すごく感じさせてくれるところがあったんですよね。

 こういう、人間の勘とテクノロジーの融合(あるいは使い分け)、みたいなものが、将棋の世界にもあるのでしょう。
 この本が出たのは今から7年くらい前なので、コンピュータ将棋が人間を凌駕してしまった現在は、羽生さんの考えにも変化がみられるかもしれませんが。

あわせて読みたい

「羽生善治」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    1ヶ月の間にミス相次ぐ 朝日新聞に批判の一方、今後に期待の声

    BLOGOS編集部

    09月16日 18:21

  2. 2

    岸田氏が首相になれば真っ向から中国と対立、総裁選の争点になったウイグル人権問題

    木村正人

    09月17日 10:35

  3. 3

    中村格氏が警察庁長官という人事はひどすぎませんか。安倍・菅内閣による検察、警察人事の露骨な恣意性

    猪野 亨

    09月17日 09:07

  4. 4

    毎日使うスマホ機種代をケチる貧乏性。毎日使う重要な道具こそお金をかけるべき!

    かさこ

    09月17日 09:50

  5. 5

    眞子さま、一時金を辞退しても超高級マンションへ 見えてくる「金主」の存在

    NEWSポストセブン

    09月16日 09:07

  6. 6

    親ガチャ大当たりのはずが…東大女子は教室で震えてた。東大卒たちに聞いた「親ガチャ」のリアル

    キャリコネニュース

    09月16日 06:02

  7. 7

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  8. 8

    ガンプラ転売屋とのバトル続く 「Hi-νガンダム」の読み方は?とクイズを出して対抗する店舗も

    キャリコネニュース

    09月16日 12:47

  9. 9

    立ち位置を変える中国 共産党の本質へアイデンティティの回帰か

    ヒロ

    09月16日 12:06

  10. 10

    一部のマスコミは、どうしても河野太郎氏を変人・奇人扱いしたいのかな

    早川忠孝

    09月16日 15:03

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。