記事

国連軍仏部隊に対する攻撃(ヒズボッラーの非難)

先日南レバノンのスール近くで、国連軍の仏部隊のパトロールが車爆弾で攻撃された事件については、犯行声明等なはないが、状況証拠から見ればヒズボッラーの犯行でhないか、との個人的推測を書きましたが、9日付のjerusalem post net は、ヒズボッラがこの犯行を、レバノン、特に南部レバノンの安全を危うくするものとして、非難したと報じています。

他方記事は、レバノンの反政府派(と言うことは反シリア派)の議員が、本事件は仏の対シリア政策に反発するシリア政府からの警告メッセージで、メッセージを伝えた(実行犯)がヒズボッラーであると述べたとも伝えています。

この議員の発言が如何なる根拠によるものか不明ですが、状況証拠からすれば、極めてあり得ることだろうと思っています。
http://www.jpost.com/MiddleEast/Article.aspx?id=248855

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。