記事

国連軍仏部隊に対する攻撃(ヒズボッラーの非難)

先日南レバノンのスール近くで、国連軍の仏部隊のパトロールが車爆弾で攻撃された事件については、犯行声明等なはないが、状況証拠から見ればヒズボッラーの犯行でhないか、との個人的推測を書きましたが、9日付のjerusalem post net は、ヒズボッラがこの犯行を、レバノン、特に南部レバノンの安全を危うくするものとして、非難したと報じています。

他方記事は、レバノンの反政府派(と言うことは反シリア派)の議員が、本事件は仏の対シリア政策に反発するシリア政府からの警告メッセージで、メッセージを伝えた(実行犯)がヒズボッラーであると述べたとも伝えています。

この議員の発言が如何なる根拠によるものか不明ですが、状況証拠からすれば、極めてあり得ることだろうと思っています。
http://www.jpost.com/MiddleEast/Article.aspx?id=248855

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  7. 7

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。