記事

痴漢に間違われやすい行動は「わざと狭いスペースに寄る」 冤罪を防ぐため「電車では両手を上げる」という男性も

今年は痴漢の疑いを持たれた男性が線路内に逃走し、電車の運行を妨げるトラブルが多発した。これを受けてJR東日本は、2018年春から山手線の全車両に防犯カメラを設置するという対策を発表したほどだ。

そうした中、ジャパン少額短期保険は12月6日、「通勤トラブルに関する意識調査」の結果を発表した。女性に「満員電車やバスに乗車中、この男性は痴漢ではと疑ってしまうもの」を聞くと、「空きスペースがあるのにわざと狭いスペースに寄っている」が62.2%で最も多かった。

痴漢にあったことのある女性が6割近くに、露出の少ない秋や冬にも被害が発生

痴漢と痴漢冤罪がなくなる日は来るのか……?
痴漢と痴漢冤罪がなくなる日は来るのか……?

痴漢を疑う行動として2番目に多くの人が挙げたのは、「手のひらが触れる」(47.0%)だった。他には、「手が下の方にある」(33.0%)、「身体が当たる」(31.8%)と答えた人も少なくなかった。

一方、男性たちはどのようなことに気を付けているのか。「電車またはバスで痴漢に間違われないように心掛けていること」を聞いたところ、「女性に触れないようにする」が47.8%で最も多かった。「乗車時は両手をあげている」(41.5%)、「満員電車を避ける」(22.4%)、「ドアの前など人の後ろに立たないようにしている」(20.4%)という人もいた。

女性に対して「通勤・通学時に痴漢に遭ったことがあるか」と聞くと、6割近い57.8%が「ある」と回答した。「痴漢に遭った季節」を聞くと、「春」(63.5%)と「夏」(58.8%)が特に多く、肌の露出が多くなる季節に頻発していることがわかった。しかし、「秋」(37.6%)、「冬」(38.8%)でも4割近い痴漢被害が発生している。

「痴漢に遭わないよう気をつけていること」を聞くと、「露出の高い服装を避ける」が32.7%で最も多い。「女性専用車両に乗る」(35.4%)、「満員電車を避ける」(28.6%)という人もいた。

調査は今年11月6日~8日の間、1都3県(東京都、埼玉県、千葉県、千葉県)を対象に実施。20歳~59歳の男女の1000人から回答を得た。

あわせて読みたい

「痴漢」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  2. 2

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  4. 4

    木嶋佳苗は魔性 新潮社員が吐露

    キャリコネニュース

  5. 5

    「暇」は会社の拘束時間が生む

    Yamada_nt

  6. 6

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  7. 7

    池袋事故 SNSの削除は罪証隠滅か

    深澤諭史

  8. 8

    国民党と自由党の合流決断は当然

    猪野 亨

  9. 9

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  10. 10

    N国党が躍進 NHK民営化は可能か

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。