記事

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税21%へ

[ワシントン 15日 ロイター] - 米議会共和党は15日、税制改革法案・最終案の概要を発表した。

ロイターが入手した概要によると、企業税制では法人税率を現行の35%から21%に引き下げる。中小企業、個人事業主やパートナーシップなどのパススルー企業に課す税率は20%とする。

個人税制では、所得税の税率区分について現行の7区分を維持する。税率は納税者の所得に応じ、10、12、22、24、32、35、37%とする。これによって、高額所得者に対する最高税率は現行の39.6%から37%に引き下げられることになる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  2. 2

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  3. 3

    精子提供を年間100回 男性の葛藤

    ABEMA TIMES

  4. 4

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  5. 5

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  6. 6

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

  7. 7

    日立金属が3200人の人員削減へ

    ロイター

  8. 8

    強TO!急ZO! 日経の韻が巧MYO!!

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。