記事

相模原事件の植松聖被告に接見するたび、社会が全く対応できていない現実に慄然とする

1/2

 相模原事件の植松聖被告に接見するたび、社会が全く対応できていない現実に慄然とする

 12月7日に相模原障害者殺傷事件の植松聖被告に接見した。彼には8月以降、月に複数回のペースで接見しているのだが、2016年7月26日未明に津久井やまゆり園に侵入して19人もの障害者を殺害したその経緯を詳しく知るにつけて、ますます深刻な気持ちにならざるをえない。それは、彼が2月に衆院議長公邸に犯行を予告する手紙を届けてから犯行に至る数カ月間、精神医療や警察、行政の対応がちぐはぐで、犯行に突っ走る彼にブレーキをかけるようなことが全くできていなかったこと、さらにそれから1年半が過ぎてもなお、この社会があの事件を教訓にして何か対策を講じたということが全くない。つまり社会の側が事件から何も学ばず、何の対応もできていないことがわかってきたからだ。

 犯罪はある意味で、社会への警告だ。そこから社会が何を学び、次なる犯行をどう防いでいくかが大切だと思うのだが、この1年余、それが全くといってよいほどできていないのが現実だ。それどころか、事件そのものが急速に風化しつつある。大丈夫なのか、この社会は、という気持ちにならざるをえないのだ。

 植松被告が、2016年2月頃から、意思疎通のとれない障害者を安楽死させるべきだという考えを、施設の同僚らに話し、2月半ばには衆院議長公邸に自分の考えを表明した手紙を届けたことは既に知られている。この間、私は、犯行に至る彼の行動について、ひとつひとつ詳しく本人に訊いているのだが、それによってこれまで報道されていなかったことも少しずつわかってきた。

 例えば衆院議長公邸に手紙を届けた行動についても、報道されている事柄はわかりにくいのだが、彼は手紙を届けに2月13日、14日、15日と3日間、通っていたのだった。最初、植松被告は自分の主張を総理大臣に訴えるつもりで総理大臣宛の手紙を持っていったのだが、警戒が厳重でとても近寄ることができなかった。そこで14日に衆院議長公邸にたどりつき、その日は日曜日だからと追い返され、15日にようやく土下座して手紙を受け取ってもらったという。この手紙の内容は報道もされ、ネットにも挙がっているのだが、もともとは総理大臣宛だったのを、衆院議長公邸に届けることになって、宛名を書き直したのだという。だからもともとあの内容は、総理大臣宛の手紙という想定で書かれたものだった。それを衆院議長に宛名を書き直したというのだが、そういう経緯が、あの内容のわかりにくさの一因にもなっていたのだった。

 それから犯行直後に植松被告はツイッターに投稿を行うのだが、それは正装して自撮りした写真だった。犯行後、彼はそのまま警察に出頭したのだが、いったいあの正装はどうやって着替えたものかわからなかったのだが、今回、それについても尋ねてみた。答えはこうだった。

 「あの写真は決行前に撮ったものです。車の中で着替えて撮影したのですが、本当は決行前に上げるつもりだったのです。でも慌てていたらしく、決行してからどうなったか見たら送れていないことに気が付いた。それで終わってから送ることになってしまったのです」

 もうひとつ、これは訂正でもあるのだが、植松被告が措置入院から犯行準備に至る経緯を書いた獄中手記を発売中の月刊『創』1月号に掲載しているのだが、その手記の見出しを私はこう付けた。「獄中手記 措置入院して退院後、事件のために体を鍛えた」。手記には、事件決行に備えて、ランニングやスクワットなどで体を鍛えた経緯が書かれており、私は当然、退院後にそうしたものと思ったのだが、今回話してみてわかったのは、彼がそんなふうに準備を始めたのは入院中だというのだった。確かに手記には「ランニング上り坂20分」などと書かれているから、主に退院後の話なのだろうが、犯行のために体を鍛え始めたのが入院中からだったというのは、実は割と重要な問題だ。

 事件直後の大報道の中で、措置入院から退院させたのが早かったといった非難の声が起こっていたのを覚えている人もいるだろう。その後、厚労省の検証チームでも措置入院のあり方については詳しい検討がなされ、退院の判断に問題はなかったことが明らかにされた。精神科医としての判断としては間違っていなかったということで、それはよいのだが、この間、植松被告と話していて気になったのは、彼が具体的に犯行を決意したのがその入院中だったという事実だ。つまり措置入院が結果的に、植松被告の背中を押してしまっていた可能性があるのだ。

 実は『創』2016年10月号で相模原事件について総特集を組んだ時に、精神科医の斎藤環さんがそのことを指摘していた。だから本当に検証し議論すべきは、退院させるのが早かったかどうかではなく、そもそもの措置入院というものもあり方なのではないかという気がするのだ。

あわせて読みたい

「相模原障害者殺傷事件」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    コロナで医療全体ひっ迫は間違い

    名月論

  2. 2

    富岳が分析 ウレタンマスクはNG?

    諌山裕

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  5. 5

    音喜多氏が所属議員の不祥事謝罪

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  7. 7

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  8. 8

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  9. 9

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  10. 10

    二階派に160万円 マルチ企業から

    しんぶん赤旗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。