記事

議員報酬は、選挙前に削減、選挙後にアップ。

東京都議会議員のやながせ裕文(大田区選出)です。

都議会は本日(12月15日)、第4回定例会を終了しました。

「豊洲新市場の移転問題」や「入札改革問題」などに隠れて、あまり話題にのぼらなかったのが「都議会議員の報酬アップ」について。

東京都は定例会に、職員給与を引き上げる条例改正案を提出。これが可決すると職員給与に連動している都議会議員のボーナスも12万円程度増額となる。

都議会では、今年の4月から報酬の2割削減を実施している。これは、都民ファーストを含む全会派で、報酬削減の議会改革に一致したもの。

都議選が実施されたのは6月。選挙前には報酬を削減し、選挙後にアップではさすがに都民をバカにしている。そこで、有志の4会派で「報酬を据え置きとする」条例案を提出した。

結果は、自民・公明・民進に最大会派の「都民ファーストの会」も含めて反対。あっさりと議員報酬のアップが決定した。

古い議会を新しく。このキャッチフレーズで大量の議員が当選し、最大会派を構成している。しかし、何が「古く」て、何が「新しい」のか。きっと理解している人は少ないのだろう。

選挙前に都民受けする都合のよいことを言い、選挙後には真逆のことをする。これが、これまでも何度も見てきてウンザリしている「古い」議会のやり方ではないのか。

志を同じくする議員と連携し、議会改革が少しでも前進するように尽力して参ります。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    丸山議員「絶対に辞められない」

    AbemaTIMES

  2. 2

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  3. 3

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  4. 4

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    「面接大喜利」得意な学生は淘汰

    シェアーズカフェ・オンライン

  6. 6

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  7. 7

    堀江氏の恋愛論 ケチはモテない

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    老人より事故多い若者 対策急げ

    毒蝮三太夫

  9. 9

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  10. 10

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。