記事

議員報酬は、選挙前に削減、選挙後にアップ。

東京都議会議員のやながせ裕文(大田区選出)です。

都議会は本日(12月15日)、第4回定例会を終了しました。

「豊洲新市場の移転問題」や「入札改革問題」などに隠れて、あまり話題にのぼらなかったのが「都議会議員の報酬アップ」について。

東京都は定例会に、職員給与を引き上げる条例改正案を提出。これが可決すると職員給与に連動している都議会議員のボーナスも12万円程度増額となる。

都議会では、今年の4月から報酬の2割削減を実施している。これは、都民ファーストを含む全会派で、報酬削減の議会改革に一致したもの。

都議選が実施されたのは6月。選挙前には報酬を削減し、選挙後にアップではさすがに都民をバカにしている。そこで、有志の4会派で「報酬を据え置きとする」条例案を提出した。

結果は、自民・公明・民進に最大会派の「都民ファーストの会」も含めて反対。あっさりと議員報酬のアップが決定した。

古い議会を新しく。このキャッチフレーズで大量の議員が当選し、最大会派を構成している。しかし、何が「古く」て、何が「新しい」のか。きっと理解している人は少ないのだろう。

選挙前に都民受けする都合のよいことを言い、選挙後には真逆のことをする。これが、これまでも何度も見てきてウンザリしている「古い」議会のやり方ではないのか。

志を同じくする議員と連携し、議会改革が少しでも前進するように尽力して参ります。

あわせて読みたい

「都議会議員」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「山本太郎氏は終了」

    小林よしのり

  2. 2

    「処理水飲め」応じても解決せず

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    不評クドカン大河は本当に酷いか

    新井克弥

  4. 4

    中国人記者 天皇陛下に深い敬意

    PRESIDENT Online

  5. 5

    河野太郎氏が振り返る自身の外交

    河野太郎

  6. 6

    血税1兆円イージス購入 亡国の道

    文春オンライン

  7. 7

    ブログ収入9割激減 移転で復活か

    Hayato Ikeda

  8. 8

    加害者の実名さらし 収入目的も

    文春オンライン

  9. 9

    立民に入党「代表から強い要請」

    黒岩宇洋

  10. 10

    優勝力士が投げキス 時代の変化

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。