記事

ドル112円前半、1週間半ぶり安値圏でもみあい

[東京 15日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から横ばいの112円前半。海外市場終盤につけた1週間半ぶり安値から小幅に切り返したが、積極的に買い上がる動きは乏しかった。

海外市場で112.06円まで下落、今月6日以来の安値をつけたドルは、米税制改革の進展を懸念する売りが一巡したこともあり、底堅い動きとなった。一時112.40円まで切り返した。

しかし日中の売買は少なめ。「日経平均が下げ幅を縮小した場面でやや買いが入った程度で、小規模な取引が多い」(大手証券)という。オプションを保有している参加者が下落すると買い、上昇すると売る調整売買を行っていることも、値動きを鈍らせる一因となった。

<ブラジルレアルは半年ぶり安値圏、年金改革法案の採決先送りで>

市場では、ブラジルの年金改革法案の採決先送りが話題となっている。同法案は高成長軌道へ回帰するために必要な構造改革の行方を左右する試金石とされている。テメル大統領は採決が来週までに行われることを期待していたが、議会の支持獲得に苦戦。ブラジル下院の議長が14日、採決を来年2月19日まで先送りすると発表した。

下院議長の発表を受け、ブラジルレアルは対ドルで半年ぶり安値圏の3.34レアルに、対円でも半年ぶり安値の33円半ばにそれぞれ下落した。

連邦議会は来年2月初めまで休会。「議員は休会中に地元に帰り、支援者との関係強化を図る。それによって法案への態度を変える可能性もあるが、年金制度改革は国民に痛みを強いるものだけに反対にあいやすい」(SMBC日興証券の新興国担当シニアエコノミスト、平山広太氏)とみられる。態度が変わるとしても賛成から反対に転じる者の方が多く、先送りすればするほど成立の可能性は低くならざるを得ないという。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 112.24/26 1.1781/85 132.25/29

午前9時現在 112.39/41 1.1772/76 132.32/36

NY午後5時 112.38/40 1.1777/79 132.37/41

(為替マーケットチーム)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  5. 5

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  8. 8

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

  9. 9

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  10. 10

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。