記事

二階俊博氏が重用される理由「そりゃ私が無口だからですよ」

【二階氏が自らについて語る】

 二階俊博・自民党幹事長は安倍晋三氏、小泉純一郎氏、小沢一郎氏、小池百合子氏ら政治的には敵味方の関係にあったアクとクセの強い権力者たちに重宝され、政界の実力者へと上り詰めた。“将来の首相候補”小泉進次郎氏さえ、いまや二階氏の側にいる。作家・大下英治氏がインタビューした。

 * * *
 二階氏の気配りの根底にあるのは、権力者のタイプを嗅ぎ分ける力だ。小泉純一郎氏には“仕事ぶり”で評価されたが、安倍首相には全く違うアプローチをとった。

 一昨年の総裁選の前には巻紙に「安倍再選を支持する」という二階派全員の連判状を用意して首相に手渡し、来年の総裁選に向けては「安倍の次は安倍」と述べ、党則を改正して三選可能なルールづくりを主導し、政権を支えるという“忠誠心”を前面に押し出した。

──支える側から見て、安倍首相と小泉元首相はどこが違うのか。

「安倍総理の場合、僕は『支えてあげよう』という“母性本能”を感じるんですよ。人が良いし、品がある。顔からにじみ出てるでしょ? なかなか一代の叩き上げでは醸し出せない雰囲気です。政治的な遺伝子による部分もあるのでしょう。その点、小泉さんは強すぎたから、みんなが『支えてあげたい』と思うタイプではありませんでした」

 安倍首相や小泉父子といった時の権力者や実力者が二階氏を側に置きたがる。絶対的なリーダーシップを持つ人々から重用されるのはなぜだと思うか。そう問うと目を見開いて即答した。

「そりゃ私が無口だからですよ! いろんなことを勝手に喋らないから信用されるんです」

 だが、絶対的権力者の特徴として、両雄は並び立たない。二階氏も彼らに重用される一方で、かつてともに自民党を離党し、新進党、自由党時代に側近として仕えた小沢一郎氏や、自民党入党まで行動を共にした小池百合子・東京都知事とは、袂を分かって以来、すっかり疎遠になっている。

 小沢氏は自由党分裂の際、「二階だけは最後までついてくる」と全幅の信頼を寄せていたが、政治の大きな節目では、政治的方向性を180度変える“非情な決断”を示すことができるのも、二階氏の特徴である。今、二階氏は小沢氏や小池氏にどのような視線を向けているのだろうか。

「小池さんとは昔は同じ党でしたが、今回の選挙はそんなことは全く気にせずにやりました。今後も、“我が道を行く”でやってくれればいいんじゃないでしょうか。小沢先生は信念の強い政治家だと思うが、近年は私とは全く別世界を歩んでいる。まぁ、“ご健闘を祈る”としかいえません」

 きっと思うところは多々あるのだろうが、慎重に言葉を選ぶ。軽口を叩かず、言葉数が少ない。記者泣かせの語り口もまた二階氏の特徴だ。最後にこんな質問を投げた。

──どんな人間が嫌いか。

「嘘つき、約束を守らない、人の面倒を見ない。そんな人は大嫌いですね。まぁ、政治の世界に一番多いんだけど」

 かすかな頬笑みを含んだこの言葉が、二階氏がその日見せた唯一の“人間味”ある答えだった。

※週刊ポスト2017年12月22日号

あわせて読みたい

「二階俊博」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    志村さん巡り千鳥大悟に心配の声

    AbemaTIMES

  2. 2

    テレ朝番組のコロナ報道にあ然

    小林よしのり

  3. 3

    志村さん死去 TV局は徹底検査を

    渡邉裕二

  4. 4

    党が機能しなくなった政権の惨状

    門田隆将

  5. 5

    戦隊レッド俳優の感染公表は英断

    常見陽平

  6. 6

    「大企業の倒産」が招く負の連鎖

    大関暁夫

  7. 7

    非常時も平社員に判断任せる日本

    非国民通信

  8. 8

    渡邉美樹氏 持ち帰り注文を嘆願

    わたなべ美樹

  9. 9

    富士フ臨床試験開始 増産も準備

    ロイター

  10. 10

    バーに風評被害? 小池知事を批判

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。