記事

目を奪うステキな紙媒体広告

1/2

広告調査会社WARCのデータによると、GoogleとFacebookの2社が、世界のオンライン広告に占めるシェアは61%。これだけでもすごいですが、テレビや紙媒体なども含めた全広告市場の25%にも達するという恐ろしい事態になっていることを田中善一郎さんの「media pub」で知りました。

[画像をブログで見る]

こうしたオンライン広告の躍進、GoogleとFacebookの”世界支配”進行の中で、新聞、雑誌の広告に関しては、「プリント広告は今年も減少」といった類の話しか目にしません。

しかし、今日は、ちょっとだけ元気の出る見出しに出会いました。

Print Isn’t Dead!>。

広告、メディアの専門誌ADWEEKが、今年を振り返って、7つの秀逸なプリント広告を紹介していて、デジタルとはまた違うアナログ広告の素晴らしさを実感しましたので、関連記事からの写真も借用してご紹介します。

7つに順位はつけていないので、順不同ですが、まずは9月の拙ブログでも紹介したアウトドアブランド、L.L.Beanの折り込み大判チラシ

[画像をブログで見る]

室内で見ると、上段にブランド名、再下段に「アウトサイダーでいよう」、空白スペースに細かな字で単語4つが散在し、つなぎ合わせると「Just bribg this outside」となります。「これを外に持って行って」という指示通り、外に出ると、あら不思議。ページ全体に、L.L.Beanの宣伝文句が浮き出てきます。

[画像をブログで見る]

これを折り込んだNYタイムズは自身の記事で「L.L.Beanが新しいことに挑戦することを厭わないことを買い物客にアピールするものだ」と解説していますが、さぞかし読者に驚きを与えたことでしょう。

なお、この仕掛けはphotochromic inkで印刷したことにあり、このインクは紫外線に当たった時だけ文字が浮き出るということのようです。

次はアイルランドの通信会社eirのもの。ご覧のように、見出しにあるアルファベットの「i」上部のドットが黒じゃなくブルーやピンクで印刷されています。

[画像をブログで見る]

よく見ると、見出しだけじゃなく、本文中の「i」の他、「j」やピリオド、コロン、セミコロンを含め全てのドットが色付きになっています。

あわせて読みたい

「広告・マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    北方領土の交渉で日米同盟に危機

    天木直人

  2. 2

    「少年院出身アイドル」の破壊力

    松田健次

  3. 3

    北方2島返還で日本は多くを失う

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    BTS炎上 思想なき浅はかさが原因

    文春オンライン

  5. 5

    日本がBTSを利用 反日団体が見解

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    経済不振で日本叩きを始める韓国

    WEDGE Infinity

  7. 7

    低所得者ほど同僚とよく飲むワケ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    マイナンバー3年目も普及進まず

    週刊金曜日編集部

  9. 9

    マツコ 可愛くない子には真実を

    キャリコネニュース

  10. 10

    空自は低価格の中国機を導入せよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。