記事

英CPI、11月は前年比+3.1%へ予想外に加速 約6年ぶりの高水準

[ロンドン 12日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した11月の英消費者物価指数(CPI)は前年同月比3.1%上昇し、伸び率は10月から変わらず3.0%になると見込んでいた市場予想に反して拡大し、約6年ぶりの高水準となった。

航空運賃やコンピューターゲーム、チョコレート価格がCPIを押し上げた。

インフレ率がイングランド銀行(中央銀行)の目標である2%を1%ポイント超上回っており、カーニー総裁は中銀としての対応を説明するため、ハモンド財務相宛てに書簡をしたためなくてはならなくなる。

11月の小売物価指数は前年比3.9%上昇し、伸びはやや減速した。

アバディーン・スタンダード・インベストメンツのチーフエコノミスト、ルーシー・オキャロル氏は、インフレ率はピークに近い可能性があるとしつつ、サービス部門のコスト上昇が物価全体をまだ押し上げるかもしれないと指摘。「追加利上げの可能性はなくなっていない。英中銀は(インフレ対応と堅調な個人消費の維持という)難しい綱渡りを強いられている」と述べた。

英中銀は先月に10年ぶりの利上げに踏み切った際、インフレ率はおそらくピークに達し、その後3年間で目標の2%をやや上回る水準までゆっくりと低下するとの見通しを示していた。

英中銀は14日の政策決定会合で政策金利を0.5%で据え置くとの見方が優勢となっている。中銀は賃金の上昇ペースを見極めようとしている。

今回公表された物価統計では、製造業者が最近の原油高を受けて上向きの価格圧力に直面していることが示された。

11月の生産者物価投入指数は前年比7.3%上昇。伸びは10月の4.8%から加速し、エコノミスト予想の上限と一致。加速したのは8月以来で、上昇率は1月以来の高水準となった。

生産者物価産出指数は前年比3.0%上昇。伸び率は10月の2.8%から拡大し、予想と一致した。

また、ONSによると、英国全体の10月の住宅価格は前年比4.5%上昇。9月は4.8%上昇だった。ロンドンの住宅価格は2.1%上昇と、伸び率は3月以来の小ささとなった。

*内容を追加します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  9. 9

    森喜朗元首相の「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委員会の異常な優遇に疑問

    マガジン9

    07月28日 14:35

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。