記事

航空機からの落下物について国交委員会で質疑! 都心部を低空飛行する羽田新ルートは断念すべきだ!

2/2

 ここで落下物と部品脱落の違いを説明します。通常、飛行機が空港に着陸するとピットで次のフライトに向けて機体の点検整備を行います。この時点で部品が無いことが分かりますが、どこに落として来たかは分かりません。空港外で落下した部品が判明した場合に「落下物」になりますが、見つからなかった場合、もしくは、見つかったとしても空港内では落下物と分類せず、部品脱落に分類されているのです。昨年、長妻昭代表代行が提出した質問主意書の答弁によると過去10年間で部品脱落の報告があったのは475件、落下物は21件あったとのことです。落とした部品が見つからないことが圧倒的に多いということがお分かり頂けると思います。

 このように羽田でも部品脱落はあったけれど、住民の安全を考えたルートになっていたために落下物は海に落ちていて発見されていないだけだったものを落下物は無いと住民に説明するのは非常に不誠実な対応だと感じます。

 国交省は今後、周辺住民に対して、9月に落下した部品がどの位の大きさのもので、成田空港で落下したこれまでの例を考えると新ルートではどの辺りに部品が落ちていたことになるのかを示して理解を求めるべきだと思います。

 私はこれまでもこの問題について住民の声を代弁して取り組んできましたが、12月6日に国土交通委員会で取り上げさせていただきました。

 多くの国会議員が今、このような検討がなされていることを知らないだろう、そして、9月に落下したパネルがどの位の大きさかを知らないだろうと思い、落下したパネルの実物大の模型を段ボールで作って、質疑の際に提示いたしました。出席していた議員の皆さんからこんな大きなものが落ちて来ていたのという驚きの声が聞こえてくる程のインパクトがあったようです。

 私がこの質疑の際に述べたことは、成田空港周辺の人口と今回提案されている新ルートが上空を通過する地域の人口が全く違う、そして、車や人の通行量も全く違う。つまりは、これまでは落下物で人が負傷するような大きな事故は発生していないが、新ルートを採用するとそのリスクは格段と大きくなる。確かに便数を増やす事が出来れば経済的なメリットはあると思うけれども、お金儲けと人の命とどちらを守らなければならないかと言えば、人の命だということです。

 成田空港のある成田市の人口密度は1km2当たり約600人、全日空機のパネルが落下した稲敷市は200人程度なのに対して、新ルートで航空機が低空飛行する品川、渋谷、新宿、港など都心区は人口密度が12000~22000人の超過密地域です。成田空港周辺の20倍~50倍なのです。また、ハチ公前交差点のすぐ脇を通過することになりますが、ご承知の通り、ハチ公前交番は1回の青信号で約3000人が通過することもある非常に通行量の多い地点です。このような地域の上空を航空機が低空で飛行するのは余りにも危険だと私は思います。

 新ルートの採用は絶対に認めてはならないと思っています。

 質疑の際にも申し述べましたが、私は訪日外国人をもっと増やし、観光立国したいという政府の思いは理解していない訳ではありません。

 むしろ、政府も方針で示している通り、東京、大阪、京都などのゴールデンルートだけでなく、新たな観光資源を開発して日本の魅力をもっと海外に発信してリピーターを増やして行こうという考えに則るのなら、羽田の増便をして東京にのみ集めるのではなく、首都圏近郊の空港、具体的には茨城空港や富士山静岡空港の国際便を増便して、周辺の観光ルートを開発して、それと一緒に海外に売り込みをかけることが地域の活性化、地方経済の発展にも繋がるし、リピーターの確保にも繋がり、一挙両得だと考えています。

 この問題、政府がお金儲けと人の命とどちらを大事に考えているのかと示す大きな問題であると考えています。

 引き続き国会で取り上げ、何としても都心部を通過するルートは断念させたいと考えています。

 因みに江戸川区も全く関係ない訳ではありません。北風時の運用で荒川上空を飛行するルートも提案されています。ここも騒音問題や落下物の問題があります。

 是非、皆様も関心を持っていただきご注目いただければ幸いです。 

あわせて読みたい

「羽田空港」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  3. 3

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

  4. 4

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  5. 5

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  6. 6

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  7. 7

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  8. 8

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  9. 9

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  10. 10

    母がマルチ商法に心酔 娘の悲劇

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。