記事
  • mkubo1

ガイトナーの訪欧こそ欧州危機の真実

もう昨晩のことになりますが、ECBによりますと、84日物ドル資金入札で34の金融機関が507億ドル(約3兆9000億円)を応札しました(金利は0.59%)。
前回は、11月9日で金利1.09%で3億9500万ドルを供給したに過ぎませんでした。
予想通り、多くの金融機関が、0.59%でドル資金を調達したわけです。
これは、事前の予想通りですから、マーケットとしては、単なる確認作業になります。

さて、今晩ですが、ECBの政策委員会があります。
2年物のユーロの資金供給(無制限)が決定する予定です。
これも、欧州の銀行の資金繰りを大きく助けることになります。
さらに、担保基準の緩和も検討しているようです。
(もちろん、利下げもあると思います)
ただ、この程度では、マーケットにサプライズはないのも事実です。

ともかく、このような措置で、市場の流動性は格段に改善されると思われます。
つまり、これは、ECBによる「金融システムの死守」なのだと思います。
そのおかげで、欧米の銀行のCDSは、急低下しました。
とはいっても、まだまだ、通常の状態ではありませんが。

今晩(日本時間の2時)、EBA(欧州銀行監督局)から、各銀行の必要資本増強額が発表されます。
以前は1060億ユーロ必要と言っていましたが、これがどの程度増額されているかですね。
まあ、多いほうが安心感は出るのですが、でも、いったい、誰が増資に応じるのか、見ものです。

ところで、ガイトナーも熱心に欧州に来て、いろいろ活動していますね。
以前は、欧州版TALFを提案していました。
しかし、なぜに、こんなに熱心なのか?
彼は、米国の財務長官であって、米国のために働いています。
つまり、欧州に来て、欧州の銀行のために、策を考えているのではなく、米国の銀行のを救済するために、欧州で勝手に、とんでもないこと(米国の銀行に不利になること)が決まらないように監視しているのでしょう。

「欧州がヤバイ」となると、どの銀行のCDSが上昇するか、皆さんは知っていると思います。
モルガン・スタンレーであり、ゴールドマンであり、シティなのです。
(バンカメは、もともと、住宅問題を抱えて高いのです。つまり、別な理由。)
もちろん、イタリアの銀行は高いですけど、それと競うように、米銀のCDSも高くなります。

これは、欧州のエクスポージャーを持っていることを市場が知っているからです。
えっ、これらの会社は、欧州のソブリン債は、数千億しか保有していないって?
いえいえ、問題は、ソブリン債じゃないのです。
ソブリン債だけでしたら、1兆円持っていても、そんなに問題ではありません。
20%損しても、2000億円=UBSに隠し損とほぼ同じです。
なんとでもなります。

問題は、リーマンのときと同じなのだと思います。
答えは簡単、皆さんがすでにご存知の通り、CDSなのです。
BNPパリバという資産残高世界一(200兆円以上)のフランスの銀行があります。
ここだけで、3兆円近いイタリア国債を保有し、さらに、イタリアの銀行を子会社にしていました。
資産に占めるイタリアの比率が高いので、イタリアをヘッジしようとすれば、イタリアのCDSを買えばいいのです。
では、そのCDSを誰が売ったのでしょうか。
それが米銀なのです。

もう少し具体的に言えば、例えば、欧州銀は、資産をヘッジする契約(保険)を米銀と結んだわけです。
資産200兆円のうち、リスクの高い資産50兆円分をヘッジしたのです(もちろん、年間3%前後の保険料を支払います。これは低金利時代には、魅力的に見えますよね)。
いざとなれば欧州銀は、50兆円分に関しては、ヘッジ済みですから、何かが起きても、ほとんど、資産は保証されるはずです(マイナスは保険料くらいです)。

一方、米銀は、いざとなれば、50兆円分の資産を保証しているので、毀損分を支払わなければいけません。
しかし、そんな兆単位の資金なんて、どこにもありません(つまり、破産へと)。
米銀が保険を払えないとなると、保険金が入ってこない欧州銀もそりゃ、困りますよね。
で、どっちがより困るのか。
そうなのです、米銀の方が困るのです
だから、欧州で問題が起きれば、大西洋を越えて、MSやGSのCDSが現場の欧州銀より高くなるのです。

まさに、リーマンの時と同じです。
厳しく言えば、何の反省もないのです。
ちょっと、賢くなったのは、リーマンの時は、CDSの対象が民間の企業であったのですが、今回は、国というか政府であるケースが多いのです。
イタリアが破産?なんてことを考えてはいなかったのでしょうね。
しかし、あまかったのです。

こういうわけで、話が複雑になってしまいますし、ガイトナーが、欧州まで、何回も足を運ぶのです。
日本の銀行が不良債権まみれになった時、処理した不良債権は100兆円と言われています。
とんでもない金額ですが、100兆円で終わりで、これ以上でもなく、これ以下でもありません。

欧米の金融危機で厄介なのは、不良債権は200兆か300兆円か知りませんが、加えて、CDSなどのデリバティブ(CDOというもっと危険な商品があることもご存知ですよね)がありますから、その金額は、数倍になると推測できます。
というか、だれも、実態は把握されていないような気がしますね。

私の推測ですが、バフェットさんが、なぜ、バンカメを買ったのか(MS、GS、シティじゃなく)。
理由は、ここにあるのだろうと思います(JPMは割安じゃないから買わない、WFCはすでに保有)。

欧州危機は、結局のところ、金融危機なのです。
だから、流動性供給が効果的だったのです。

あわせて読みたい

「欧州債務危機」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  8. 8

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。