記事

ノーベル平和賞団体の被爆者サーロー節子さん、米朝に交渉求める

[オスロ 9日 ロイター] - 今年のノーベル平和賞に選ばれた非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の活動家で、被爆者のサーロー節子さん(85)が9日、米国と北朝鮮に対し、核兵器使用の回避に向け、強硬な発言をトーンダウンさせて交渉に臨むよう促した。ノルウェー・オスロでの授賞式に先立ち、記者団に心境を語った。

13歳のとき広島で被爆したサーローさんは「私たちが味わった苦悩を誰1人として味わってはならない」と述べた。

さらに「北朝鮮と米国の指導者に対し、核兵器を絶対に使用せず、交渉に臨むよう、深く強く求める。外交的解決が唯一の解決方法だ」と訴えた。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    周庭氏連行の瞬間を捉えた写真

    田中龍作

  2. 2

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  5. 5

    離島で初の死者 沖縄で3人が死亡

    ABEMA TIMES

  6. 6

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  8. 8

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  9. 9

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    れいわはN国党に助言を請うべき?

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。