記事

ノーベル平和賞団体の被爆者サーロー節子さん、米朝に交渉求める

[オスロ 9日 ロイター] - 今年のノーベル平和賞に選ばれた非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の活動家で、被爆者のサーロー節子さん(85)が9日、米国と北朝鮮に対し、核兵器使用の回避に向け、強硬な発言をトーンダウンさせて交渉に臨むよう促した。ノルウェー・オスロでの授賞式に先立ち、記者団に心境を語った。

13歳のとき広島で被爆したサーローさんは「私たちが味わった苦悩を誰1人として味わってはならない」と述べた。

さらに「北朝鮮と米国の指導者に対し、核兵器を絶対に使用せず、交渉に臨むよう、深く強く求める。外交的解決が唯一の解決方法だ」と訴えた。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  3. 3

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  4. 4

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  5. 5

    モテる男性が結婚繰り返す残酷さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  7. 7

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  8. 8

    佳子さまの十二単姿に「麗しい」

    女性自身

  9. 9

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  10. 10

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。