記事

笑顔やハッピーといったキャッチコピーがあるだけで残念な個人事業主認定される件

人を笑顔にするセラピスト、人をハッピーにするカウンセラーみたいに肩書きのキャッチコピーに「笑顔」「ハッピー」が入っているだけで残念な個人事業主、仕事ができない個人事業主と思うのは私だけだろうか?

キャッチコピーってさ、同じ肩書きの人と何が違うか自分の特徴を言い表すためにつける言葉なわけですよ。

でね。笑顔とかハッピーって、はっきりいって何も言ってない。
っていうか何も私は特徴がない人って宣言しているようなもの。

だってそうでしょ?お客さんを笑顔にさせないように、仕事をしている人いるのか?
ハッピーにさせないように、仕事をしている人いるのか?
いないでしょ。基本。だからさ。何も言ってないに等しい。

言ってみれば「まじめに仕事をするセラピスト」みたいなキャッチコピーと同じ。
まじめに仕事しない人いるのかよ!っていうかまじめに仕事するの当たり前だろって話と同じで。

だからね。逆張りならキャッチコピーとしてはありなわけです。
たとえば、お客さんを笑顔にしないカメラマンとか、人を幸せにしないカウンセラーとかならむしろそれは注目される。
だって普通なら当たり前のことをしないといっていることが特徴だから。

自分の仕事がどんな特徴があるのか、ちゃんと分析してないから「笑顔」とか「ハッピー」とか、ありきたりのキャッチコピーを使ってしまう。
だから私の場合、そうしたワードを使っている個人事業主、特に女性に多いけど、笑顔とかハッピーとか見ただけで「あーなんちゃって仕事の人だな」って思ってしまう。

どんな特徴があるのか。何が得意分野なのか。どんな風にお客さんに支持されてるのか。どういったお客さんをターゲットにしているのか。

自分の仕事の良さや特徴をわかっている人は笑顔やハッピーといった、漠然とした言葉を使う人は、ほとんどいないと思う。

ってことで、肩書きのキャッチコピーとかブログタイトルとか、笑顔やハッピーを使うのは仕事できない残念事業主認定される可能性高いからやめた方がいいですよ

あわせて読みたい

「仕事術」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  5. 5

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  6. 6

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  7. 7

    学生投票で山本氏に維新議員勝利

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    野党支持減らす槇原逮捕の陰謀論

    猪野 亨

  9. 9

    新型肺炎でやっと脱中国進む皮肉

    自由人

  10. 10

    安倍首相の共産党への発言は中傷

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。