記事

憲法改正への算盤はじく安倍首相 退位を巡る宮内庁との攻防


【憲法改正への算盤やいかに?】

 昭和天皇の崩御とともに訪れた29年前と違い、1年4か月後にやってくる平成の終わりと新時代の幕開けは、祝賀ムード一色に包まれるだろう。だが、侃々諤々の議論の果てに決まった退位日には、さまざまな思惑が渦巻いていた。一言でいえば、「国民不在」、「陛下不在」。その内幕をレポートする。

 皇居・宮殿の「鳳凰の間」。天皇陛下と安倍晋三首相がテーブルを挟み、たった2人で向かい合う。話題は陛下の生前退位の日どりについて。安倍首相はなぜ「2019年4月末」がいいのかを滔々と「内奏(ないそう)」したという。

 内奏とは、かつては「天皇に対する国政に関する内外の報告」で、現憲法下では「天皇の教養を高めるために、閣僚による所管事項の説明」がなされることをいう。今年に入って7回目だった11月21日の安倍首相による内奏を、陛下はどのようなお心持ちで聞かれていただろうか。

 退位日がほぼ固まった。12月1日、「皇室会議」が宮内庁で開かれ、陛下が2019年4月30日に退位し、翌5月1日に皇太子さまの即位と改元を行うことでまとまった。12月8日にも閣議決定される。

 会議のメンバーは10人。議長の安倍首相を中心に、衆参両院の議長や最高裁判所長官などのほか、宮内庁長官や皇族代表の常陸宮ご夫妻が車座になって顔を揃えた中に、“11人目の席”が用意されていたことは大きな波紋を呼んだ。

「今回、本来はメンバーでないはずの菅義偉官房長官が陪席しました。過去に宮内庁次長や東宮大夫が陪席したことはありましたが、席は壁際。メンバーの輪に加わるといったことはありませんでした」(皇室記者)

 メンバーの楕円形のテーブルとは違い、菅官房長官の前に置かれたものは長方形。椅子の種類も変えられてはいたが、あるべき皇室会議の様相とは異なっていた。

「安倍首相側の意向で、わざわざ席が用意されたそうです。菅さんが退位の担当大臣であり、これまでも国会での説明や宮内庁との交渉をやってきたというのがその理由だと説明されました。もちろん、“説明役を入れてはいけない”とは定められていないので、法律違反ではありません。しかし、25年ぶりに開かれた高尚な場である皇室会議に、官邸の一存で官房長官を送り込んだことには違和感を覚えます」(前出・皇室記者)

 安倍首相側は海千山千の官房長官を送り込み、議論に“睨み”をきかせたかった――誰もがそう感じた会議だった。それだけ、陛下の退位日を巡っては官邸と宮内庁に深い溝があったということに他ならない。

◆案は5つも6つも浮かんでは消えた

 発端は、7年ほど前にさかのぼる。

「陛下は2010年頃には退位の意向をお持ちになっていたといわれています。2012年に安倍首相が返り咲くと、事あるごとに伝えられてきた。でも、首相は取り合わなかったんです。それに業を煮やした宮内庁がリークして、昨年7月、NHKが報じたともっぱらですが、安倍首相は“おれは何も聞いてないぞ!”と怒り心頭。宮内庁にはもう勝手なことはさせないとばかりに、官邸のスタッフを送り込み、コントロール下に置こうとしました」(全国紙政治部記者)

 その因縁は、退位日の決定にまで尾を引いた。水面下の綱引きにより、退位日は文字通り二転三転する。

 はじめに安倍首相の中に浮かび上がったのは「2018年末退位、2019年元日即位・改元」だった。年の変わり目の改元ならシステム障害が起きにくく、国民にもわかりやすい。

 だが、年末年始に行事や儀式が集中することを理由に宮内庁側が難色を示す。すると、安倍首相は頭を悩ませて「天皇誕生日である2018年12月23日退位、翌24日即位、2019年元日改元」案を絞り出す。それでも宮内庁は「ノー」だった。

「宮内庁としては、年末年始の立て込んでいる時期からはとにかく離したかった。そこで浮上したのが、『2019年3月末の退位、4月1日即位・改元』だったわけです。日本人の生活に照らせば年度末、年度始めもわかりやすい。この案にたどりつくのに、5つも6つも案が浮上して消えたと聞いています」(宮内庁関係者)

 10月20日、朝日新聞がその「3月末退位」を1面のトップ記事で大きく報じた。

「宮内庁は焦っていました。退位日が決まらないから、退位関連の予算が決まらないし、予算がないから退位後の両陛下のお住まいや引っ越しの方法も決まらない。朝日の報道は、“退位日を既成事実化したい”という宮内庁の意図が透けて見えました」(別の全国紙政治部記者)

 宮内庁サイドのリークといわれた「3月末退位」報道に、官邸側はまたも怒り心頭。

「もう菅さんはカンカンでしたよ。そもそも総理と菅さんは、3月末は“企業が繁忙期”“新生活のタイミングで転勤や引っ越しが多い”から無理だと相談していたそうです。そんなタイミングだったから、“絶対に3月末はありえない!”と突っぱねたんです。宮内庁に何でもかんでも決められてたまるかという、意地の張り合いみたいなもんですよ」(官邸番記者)

 そんな紆余曲折の末に、どう考えても季節はずれでキリのよくない「4月末退位」案が安倍首相主導で浮上して、決定した流れだったという。

 さらにいうと、安倍首相は頭の中で「御代代わり」でさえ踏み台とする“算盤”をはじいていそうなのだ。

「新時代の幕開けからわずか3か月ほど後の2019年夏には、参院選が控えています。もし、その年初頭の通常国会で安倍首相が悲願とする憲法改正案が提出されれば、改正への国民投票は参院選とのダブル投票になる。

 安倍首相は、退位を1か月遅らせることで、国民的なイベントの高揚感を世間に残したまま選挙に臨もうとしたのではないでしょうか。

 さらに、これから検討がすすむ『退位の礼』や『即位の礼』を、安倍首相は中心になって派手にやろうとするでしょう。トランプ米大統領やエリザベス英女王が列席するような規模で行えば、それを取り仕切った首相として歴史に名を残すことになるわけです」(政治ジャーナリスト)

 美智子さまは、10月20日の誕生日に際しての文書に次のように綴られた。

《長い年月、ひたすら象徴のあるべき姿を求めてここまで歩まれた陛下が、御高齢となられた今、しばらくの安息の日々をお持ちになれるということに計りしれぬ大きな安らぎを覚え、これを可能にして下さった多くの方々に深く感謝しております》

 両陛下の《安息の日々》は国民の願いでもある。それが国民不在、陛下不在の駆け引きで決まったとすればあまりにも寂しい。

※女性セブン2017年12月21日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。