記事

米減税は財政の緩みに、格付けにマイナス=S&P

[サンパウロ 6日 ロイター] - S&Pグローバルの債券格付け責任者であるモリッツ・クレーマー氏は、米税制改革法案に盛り込まれている減税策について、米政府が予算上の長期的な課題に対処しない場合、連邦債務は増加し、財政政策の緩みが米国の信用格付けにマイナスになる可能性があるとの見解を示した。

クレーマー氏はロイターとのインタビューで、減税策はすでにフル稼働している米経済の成長を強力に支援するより、インフレ率を押し上げる見込みが高いと指摘。

その結果、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを予想より加速させることになり、新興国から資本が引き揚げられ、海外資金への依存度が高いトルコなどの国が危機に陥ると述べた。

S&Pは2011年に米格付けを「AAプラス」に引き下げ、米3大格付け会社で唯一、最上位の「AAA」に格付けていない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。