記事

サダム・フセイン政権の最後の高官 死刑決定

リンク先を見る

2011年12月6日:イラクの元サダム・フセイン政権の高官タリク・アジズ Tariq Aziz(Tāriq Azīz)元外相(元副首相、1936年生、75歳)は、来年2012年の米軍撤退以降、処刑されることとなった。イ ラクのサアド・ユシフ・アル=ムッタリビ首相補佐官がタス通信に対して6日明らかにした。アジズ元外相は1999年の反対派殺害事件に関与したため、 2010年10月に死刑判決を受けていた。彼は、米軍進駐の際の2003年春に自主的に出頭していた。

2010年10月25日にはアムネスティ・インターナショナルはイラク当局に対し、バグダッドの裁判所で死刑判決を受けたタリク・アジズ元外相と2人の元政府高官を処刑しないように求めていた。彼は、1992年に起きたサダム・フセイン政権による42人の商人の処刑に関与した容疑で、2009年にイラク高等法廷SICTにより懲役15年の刑を言い渡されていた。イラクはフセイン政権崩壊後、すでに数百人を処刑している。彼は現在脳梗塞をわずらい、早期処刑を望んでいると言われている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。