記事

国際政治を直撃する二つのニュースが飛び込んできた

 朝っぱら早々、大きな二つのニュースが飛び込んできた。

 ひとつは国際オリンピック委員会(IOC)が平昌冬季五輪からドーピング疑惑のロシアを排除することを決めたことだ。

 もうひとつは米連邦最高裁がトランプ大統領のテロリスト入国規制大統領令を認めたことだ。

 私の予想が外れたから騒いでいるわけではない。

 まちがいなくこの二つの決定は、これから当分の間、国際政治の焦点であり続けることになる。

 冬季五輪からのロシア排除はプーチンを激怒させることになるだろう。

 冬季五輪の成功に韓国の威信をかけている文在寅大統領を困惑させることになる。

 そしてウクライナや北朝鮮で対立し、ロシア疑惑の当事者であるトランプとプーチンの関係をさらに微妙にさせる。

 安倍首相は板挟みになる。

 それにしても、バッハ会長はよくもこのような決断を下したものだ。

 ロシアの国家ぐるみの薬物使用が、よほど許せなかったということだろう。

 そして、米連邦最高裁の逆転判決だ。

 トランプが就任早々に打ち出したテロリスト入国規制の大統領令が、米国内外の反発を招いたのは記憶に新しい。

 下級審はこれを違憲として差し止め判決を下していた。

 おそらく最高裁も違憲とするだろう。

 そうなれば、トランプ大統領は、ロシア疑惑の大統領に加えて違憲大統領の烙印を押される。

 ダブルパンチでトランプは終わりだ。

 そう私は書いて来た。

 少なくとも入国規制についてはトランプは勝利したということだ。

 それにしても、米連邦最高裁はよくもこのような判断を下したものだ。

 忖度は日本だけではなかったということだ。

 かつて私が大学で憲法の授業を受けていた50年ほど前、米国帰りの教授が米国の司法を絶賛していた事を思い出す。

 その先生が間違っていたのか、米国が変わったのか。

 いずれにしても、米国も日本も、無理が通れば道理が引っ込む世の中になったという事である(了) 

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  6. 6

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  7. 7

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  9. 9

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  10. 10

    仏デモ 最低賃金上昇は焼石に水

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。