記事

米連邦最高裁、トランプ政権による入国制限の完全執行認める

[ワシントン 4日 ロイター] - 米連邦最高裁判所は4日、トランプ大統領が発表したイスラム圏6カ国からの入国禁止令の執行を認める判断を下した。下級裁判所での審理が継続中でも、命令は全面的に発効することになる。

トランプ政権は、入国制限に対し下級裁が行った一部差し止め2件を解除するよう上訴しており、最高裁はこれを7対2の賛成多数で認めた。今回の判断により、イラン、リビア、シリア、イエメン、ソマリア、チャドの6カ国からの入国が制限されることになる。下級裁では、米国内に家族や事業を持つなど米国と関係のある人々には制限が適用されないとしていた。

トランプ政権による入国制限は、北朝鮮や、ベネズエラの政府幹部の一部も対象としているが、下級裁ではすでにこの規定の効力発生を認めている。

あわせて読みたい

「トランプ大統領の入国禁止令」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  6. 6

    はあちゅう AV男優の夫もつ心境

    AbemaTIMES

  7. 7

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  8. 8

    山本太郎氏の演説は人を酔わせる

    早川忠孝

  9. 9

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  10. 10

    G20の日韓会談「何も決まらず」

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。