記事

米連邦最高裁、トランプ政権による入国制限の完全執行認める

[ワシントン 4日 ロイター] - 米連邦最高裁判所は4日、トランプ大統領が発表したイスラム圏6カ国からの入国禁止令の執行を認める判断を下した。下級裁判所での審理が継続中でも、命令は全面的に発効することになる。

トランプ政権は、入国制限に対し下級裁が行った一部差し止め2件を解除するよう上訴しており、最高裁はこれを7対2の賛成多数で認めた。今回の判断により、イラン、リビア、シリア、イエメン、ソマリア、チャドの6カ国からの入国が制限されることになる。下級裁では、米国内に家族や事業を持つなど米国と関係のある人々には制限が適用されないとしていた。

トランプ政権による入国制限は、北朝鮮や、ベネズエラの政府幹部の一部も対象としているが、下級裁ではすでにこの規定の効力発生を認めている。

あわせて読みたい

「トランプ大統領の入国禁止令」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「天皇謝罪で慰安婦解決」は大嘘

    MAG2 NEWS

  2. 2

    京都大学がGW10連休を「無視」か

    川北英隆

  3. 3

    夕刊フジ「韓国一面祭り」のワケ

    文春オンライン

  4. 4

    反日姿勢に米の韓国離れが加速か

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日本=悪者 韓国のフェイク教育

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コメ生産で日本の技術求める中国

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ハイチュウ 米国大ヒットの軌跡

    PRESIDENT Online

  8. 8

    10連休で支障ない行政は給与泥棒

    川北英隆

  9. 9

    橋下氏 五輪相カンペ謝罪に指摘

    橋下徹

  10. 10

    韓国の親日美人議員を北が罵倒

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。