記事

残業上限、月80時間以上が過半数

日本人の働き過ぎを表すデータが、明らかになりました。

日経平均株価を構成する東証1部上場255社を、朝日新聞が調査したところ、過半数にあたる125社が、今年7月時点で、「過労死ライン」とされる月80時間以上まで社員を残業させられる労使協定を結んでいたことがわかった、と報じられています。 そのうち少なくとも41社が、月100時間以上の協定を結んでいた、とうことです。

時間外協定は36協定といわれ、法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えて社員を働かせるには、残業時間の上限を、この協定で労使で結び、労働基準監督局に届け出る必要があります。

月45時間、年360時間を上限とする基準がありますが、特別条項をつければ、年に6ヶ月までは、上限を何時間にでも設定でき、事実上青天井になっています。

この調査と情報公開請求などによって、月間の協定時間が100時間以上だったのは、全体の3割にあたる68社ということがわかりました。

昨年10月時点で、最長の月間の協定時間は、IHIと関西電力の200時間で、次いで日本たばこ産業(JT)の165時間です。IHIは、7月時点で150時間に引き下げましたが、この時点でも大成建設、大林組などと並んで最も長かった、ということです。関西電力は、7月時点で80時間に引き下げました。

いくら繁忙期に備えて、といっても、1ヶ月このように過労死ラインを超えて残業していれば、健康も損ないますし、家族と過ごす時間などもなく、ワークライフバランスは崩壊して人間らしく生きられなくなってしまいます。

政府が目指している残業の上限規制でも、過労死ラインを上限としたら、どの企業もそこまでは残業をさせてもよいと考えるのではないかなどの批判が、過労死の家族の会などから出ています。

それでも、この調査結果をみると、残業が規制されるようになると、上限を見直さなければならない企業が多くあることから、ないよりは規制したほうがよい、ということだと思います。

あわせて読みたい

「過労」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

  10. 10

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。