記事

お酒に強い人・弱い人、それぞれの飲酒注意事項 最も注意が必要なのは「少しなら飲める人」 - 佐藤達夫 (食生活ジャーナリスト)

1/2

飲酒による健康被害の「原因」には2種類がある

 毎年やってくる忘年会シーズン。ちょうど1年前のこのコラムで「ビジネスパーソンのためのお酒の飲み方」を紹介した【※1】。今回は「飲酒習慣」と「健康」の関係をみてみよう。

[画像をブログで見る]
(iStock/TAGSTOCK1)

 大人ならみんな知っていることだが、飲酒をすると顔が赤くなる人とならない人がある。いわゆる「酒に強い人」と「弱い人」だ。酒の主成分はアルコール(エチルアルコール)だが、体内に入ったアルコールが飲んだ人の顔を赤くする作用は、それほど強くはない。

 アルコールは(主として胃から)吸収されると、門脈という特別な血管を通って肝臓へと運ばれる。肝臓に運ばれたアルコールは(主として)アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドという物質に分解される。アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素によって(いったん酢酸に分解されたあと)最終的には水と炭酸ガスに分解されて体外へと排出される。

 この中で最終的に生ずる水と炭酸ガスは(中間的に生ずる酢酸も)人体に悪さをしない。問題はアルコールとアセトアルデヒドの2つだ。とりわけ、アルコールが分解して生ずるアセトアルデヒドは、頭痛や悪心・嘔吐や二日酔いなどの原因となる。

 アルコールも厄介だ。先ほど「アルコールは肝臓で分解される」と書いたが、基本的には、人体にとって好ましくない成分なので分解をするのだが、大量に入ってくると分解能力が追いつかず、肝臓を通過して(心臓を介して)全身へと送られる。その一部が脳へと到達する。

 脳には、好ましくない成分をシャットアウトする機能があり、脳に必要な成分だけしかそこを通過できない。たとえれば、社長室に平社員や飛び込みの訪問販売などが平気で入ってこないようにしているシステムといえよう。しかし、なぜか、アルコールはこのシステムを容易に通過し、脳細胞へと達するようだ。脳細胞へと達したアルコールはいわゆる酩酊状態を引き起こす(もしかしたら、脳はコレを求めているのかも?)。多くの人が飲酒習慣に引きつけられるのは(そして最悪の場合はアルコール依存症に至ってしまうのは)このせいであろう。

最も注意が必要なのは「少しなら飲める人」

 さて、問題はアセトアルデヒドだ。上に書いたように様々な悪さをするアセトアルデヒドなので、肝臓では可能な限り素早く分解しようとする。この分解能力の強さは、大きく3段階に分類できる。1:すごく強い、2:そこそこ強い、3:きわめて弱いの3つ。もちろんその強さはそのまま「お酒の強さ」に相当する。1の人はいわゆる「酒豪」、3の人は「下戸」、2の人は「多少のお付き合いならできる」人。

 この差は、アセトアルデヒドの分解能力の差であり、これは遺伝的に決まっているので、本人ではどうすることもできない。「付き合いが悪い」だの「若いんだから大丈夫」だのといって、無理強いなどしては絶対にいけない。3の人に酒を飲ませると、最悪の場合は死に至る。

 3の人は自分も周囲の人も「酒がまったく飲めない」とわかっているので、じつは、それほど大問題には至らないことが多い。問題は2の人だ。周囲の人も自分も「少しは飲める」と思っているので、飲酒機会が多くなる。しかし、体内(肝臓)に入ってきたアセトアルデヒドの処理能力が弱いので、長時間にわたってアセトアルデヒドの悪影響を受けてしまう。

 アセトアルデヒドによる悪影響は顔が真っ赤になったり、鼓動が激しくなったり、眠くなったり、吐き気がしたり、肝心な場面で醜態をさらしてしまうという「目に見える」状態だけではない。アセトアルデヒドは飲酒による肝障害の主たる原因だということはほぼ確実だし、変異原性【※2】を持つという、つまり発がん性が疑われるという報告もある。

 “お酒に弱いけれども多少なら飲める2の人”に「鍛えれば強くなる」「酒は百薬の長」などといって飲酒を勧めてはいけない。

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    環境政策で野党のお株奪う菅首相

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  6. 6

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  7. 7

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  8. 8

    よしのり氏 マスク報道は不正確

    小林よしのり

  9. 9

    次は効かない…日本モデルの功罪

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。