記事

オリンパス 第三者委員会調査報告 「上場廃止にならないための願望が込められている」??

東証がオリンパス株を上場廃止にするのか、上場維持とするのか・・・?

これまで企業不祥事で上場廃止となって企業と、上場が維持された企業との違いについて、ロイターは以下のように解説しています。
過去に重大性が高いと判断された例としては、ライブドアや西武鉄道、カネボウなどがあり、これらは上場廃止になった。しかし、IHIの場合は法令違反とはならず、行政処分として課徴金が課せられ、一時東証の監理銘柄に指定されたものの上場は維持された。

過去の上場廃止銘柄について、東証社長が記者会見などで行った発言で共通するのが、「事の重大性、性質や期間、組織ぐるみで行っていたか否か、事態の表面化に至るまでの対処の適正性など、証券市場に及ぼした影響を総合的に検討し判断する」(鶴島琢夫社長・当時)という内容がある。

一方で、今回のオリンパス の第三者委員会調査報告は、「企業ぐるみの不祥事が行われたわけではなかった」と結論付けています。

これについて、ある専門家は、上場廃止にならないための「願望が込められているのではないか」とも指摘しているとか。

言われてみれば、なるほどという気がします。

詳しくは以下の記事をご参照下さい。
[ロイター]〔特集:オリンパス損失隠し〕上場維持問題、「重大性」の東証判断が焦点に

あわせて読みたい

「オリンパス事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。