記事

米国防総省、新たな迎撃ミサイル配備に向け西海岸を調査=当局者

[シミ・バレー(米カリフォルニア州) 2日 ロイター] - 米国防総省ミサイル防衛局(MDA)は、ミサイル発射実験を続ける北朝鮮の脅威に対応し、米西海岸に新たなミサイル迎撃システムを配置するため、場所の選定を進めている。2人の議員が2日、明らかにした。

西海岸の防衛には、最新鋭迎撃ミサイルTHAAD(サード)が含まれる見通し。

韓国国防省は1日、北朝鮮が11月29日に発射した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)について、1万3000キロ以上飛行可能だと分析。首都ワシントンが射程に入る。

下院軍事委員会のマイク・ロジャース戦略軍小委員長(共和党)はロイターに対し、MDAは西海岸に防衛システムを追加配備することを目指していると述べた。配備の財源は2018年国防予算には盛り込まれていないため、実際の配備時期はそれよりも先になる可能性がある。

「場所をどこにするかが問題となっており、MDAは基準を満たす場所や環境への影響について提言している」と語った。

ジョン・ヒルMDA副局長は文書で「MDAはTHAAD配備場所の選定を指示されてはいない」と回答した。

ロジャース氏とアダム・スミス下院議員(民主党)は、政府はロッキード・マーチン<LMT.N>製のTHAADを西海岸に配備することを検討していると明らかにした。

米国は韓国、グアムそれぞれにTHAADを配備し、それ以外に7基を保有。その一部はテキサス州の陸軍基地を拠点としているが、THAADの機動性は高く、現在の配備場所は公表されていない。

ロッキード・マーチンの代表者はTHAAD配備についてコメントを避けたが、同社は「弾道ミサイル防衛の取り組みでMDAと米政府を支える用意がある」と述べた。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    BCG接種 コロナ予防の仮説に注目

    大隅典子

  2. 2

    コロナは長期戦 山中教授に共感

    水島宏明

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    中高年こそ…叩かれる若者の感覚

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  5. 5

    ニューヨークは数日で医療崩壊か

    藤沢数希

  6. 6

    月初封鎖? 怪情報に惑わされるな

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    4月から事実上「首都封鎖」に

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ロックダウンした英国からの助言

    木村正人

  9. 9

    志村さん死去 最後まで仕事の鬼

    常見陽平

  10. 10

    みずほシステム統合に19年の苦闘

    Dain

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。