記事

成人向け雑誌擁護の武田鉄矢 売り場で知恵働かせよと提案

【成人向け雑誌擁護の論陣を張る武田鉄矢】

 コンビニの片隅に置かれた成人向け雑誌コーナーに異変が起きようとしている。「ミニストップ」は12月1日から順次、全国の店舗で成人誌の取り扱いを中止すると発表した。

 このニュースを扱った情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、他の男性出演者たちが「(取り扱い中止は)構わない」とするなかで、歌手で俳優の武田鉄矢(68)だけは「ジジイだから読むんです!」「どこかに置いておいてほしい」と異議を唱えたのだ。その真意について、武田が改めて本誌にこう明かした。

「私としてはまだ“エロの惰性”がありまして、70を手前にしてもスケベがおさまらないんです。女性をはじめ、不快感を抱く方がいるのはわかりますが、(成人雑誌などを)排除することで世の中が清潔になる、という考え方はあまり好きではないなぁ、と思うのです」

 いまやネットなどで、手軽に無料で成人雑誌を超える刺激に触れられる。そうした中で、あえて店頭で買う雑誌にこだわる理由を「あの惨めさがたまらない、味わいなんです」と言うのだ。

「消えてゆこうとするもの、隠されているものを見つめたくなる時はあるじゃないですか。製造日がはっきりしない、着色料が入っているような食べ物が時としてむやみに懐かしいことがあるように、お店の片隅のエロ本というものは、ほのかな毒として、男の耐性──地震の耐性のように揺れに対する強度を増す材料になっているんじゃないのかなと思うんです。

 もちろん、エロ本の中で描かれているようなお姉さんはいませんし、あんな笑顔も、あんな体型の人も現実ではなかなか出会えないことにやがて気づくのですが、それでもいるかもしれないという夢をみること、妄想することが性というものの本質ではないでしょうか」

 真剣にそう語る武田は、成人雑誌売り場をなくすことよりも、知恵を働かせるべきだとして、こう提案するのだ。

「たとえば、お店の外だっていいんです。店外にある証明写真機のように、ボックスの中に入って購入するような工夫ができないものかと。

 最近は性に対する糾弾がやたら大きいのですが、そうした薄暗いところ、湿っぽいところも必要なんじゃないでしょうか」

※週刊ポスト2017年12月15日号

あわせて読みたい

「成人誌販売中止」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  4. 4

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  5. 5

    陰謀論ダメ 太田光が訴えた意味

    水島宏明

  6. 6

    新型肺炎後の世界はネット主流か

    ヒロ

  7. 7

    敵はウイルス 政策叩きは止めよ

    青山まさゆき

  8. 8

    東京で新たに130人以上感染確認

    ロイター

  9. 9

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  10. 10

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。