記事

慶大生6人不起訴事件と日馬富士事件に通底する問題

1/2

久しぶりの更新。

 1. 慶大生6人事件にみる公益と私益の相克

1-1. 不起訴の背景には示談成立→告訴等の取り下げがある可能性が高い

慶大生6人が女子学生を酒に酔わせて集団で姦淫した容疑で書類送検されていた件は、不起訴になったようだ。

私は被疑者を実名とする事件報道は原則的に拡散しない方針をとっているが、以下の記事は匿名なので貼っておく。

www3.nhk.or.jp

不起訴といっても嫌疑不十分なのか、それとも起訴猶予*1なのか、理由は判然としない。

判然とはしないが、上記の記事によれば、示談が成立したという捜査関係者からの情報があるようだ。嫌疑不十分なら別だが、6対1の集団準強姦で起訴猶予になるのは示談が成立しないと困難と思われるから、示談成立という情報はおそらく正しいだろう。

1-2. 集団準強姦罪は親告罪ではないこと等

従来親告罪*2だった強姦罪*3や強制わいせつ罪は、今年7月13日施行の刑法改正により親告罪でなくなった。

しかし、慶應6人事件の被疑事実は刑法改正前の集団準強姦罪*4であり、集団準強姦罪は刑法改正前から親告罪ではなかった。

だから、法的には、示談が成立して告訴や被害届が取り下げられたとしても、検察官は被疑者を起訴することが可能だった。

1-3. 公益を重視すれば起訴、私益を重視すれば不起訴に傾く

法的には起訴できるのに不起訴になったことから、ネット上には検察の判断を非難する声が散見される。

しかし、集団準強姦という性的な犯罪について、被害者が起訴を望まないのにこれを起訴し、公開の法廷で裁判をするということが本当に妥当だろうか。

仮に被疑者ら6人がクロだとすると、公益の観点からは、裁判をして被告人を処罰する方がよいだろう。お咎めなしでは本人も同じことを繰り返すかもしれないし、「女性を酔わせて輪姦しても不起訴ですむ」というメッセージを世間の性犯罪者予備軍に与えてしまうかもしれない。

一方、被害者の利益という観点からはどうか。

被害者としては、既に示談により賠償を得て民事の側面が解決済みなら、敢えて刑事の法廷で証言したりしたくないという判断は充分あり得る。被害者がそのような判断をして告訴や被害届を取り下げた場合、被害者の利益を優先するなら起訴は差し控えるのが妥当だろう。

その場合に敢えて検察官が起訴を強行することは、被害者の私益よりも公益を優先する判断である。

一般論として、刑事手続において、公益を被害者の私益に優先させる判断をしていけないわけではない。

刑罰は、犯罪を予防し社会秩序を維持するという重要な公益を担っており、刑事裁判は被害者のためだけにあるわけではない。だから法は、起訴権限を検察官に独占させ、被害者などの関係者が私的に起訴したり起訴をやめたりすることはできない制度をとっているわけだ。*5

しかし、強姦や強制わいせつといった犯罪については、国家刑罰権の実現という公益を諦めてでも被害者の意思という私益を優先させる。これが、従来強姦等の罪が親告罪とされてきた所以であった。

刑法改正により非親告罪化がなされても、強制性交等罪や強制わいせつ罪が、他の犯罪以上に被害者のプライバシーに配慮を要する犯罪であるという点は変わらない。だから非親告罪化後も、被害者の告訴や被害届がない場合は、ほとんどのケースで検察官は起訴を差し控えるだろう。そして今回の慶應のケースでも、そのような判断により検察官は起訴を差し控えた可能性が高い。

せっかく非親告罪でも結局告訴等がなければ起訴されにくいという運用について、「そんなことでは性犯罪を予防できない」という公益的観点からの批判は当然あってよい。

しかし、そのような批判は、要するに「被害者の意思を尊重するな」と言っているわけだから、あくまで公益的観点からの批判であって、被害者に寄り添ったものではない。

不起訴の判断を批判する論者も、その点は自覚すべきだろう。

あわせて読みたい

「日馬富士」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  3. 3

    吉本のギャラ8割徴収は問題ない

    永江一石

  4. 4

    河野外相 請求権巡り韓国へ抗議

    河野太郎

  5. 5

    芸能界の圧力問題に無責任なTV局

    新井克弥

  6. 6

    れいわ躍進 政治の転換点は近い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  7. 7

    冗談だった 恫喝疑惑の吉本社長

    BLOGOS編集部

  8. 8

    資質十分でも当選せぬ選挙の現実

    早川忠孝

  9. 9

    宗男氏当選 最後の闘い終わった

    鈴木宗男

  10. 10

    弔花で判明 SMAPら不動の序列

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。