記事

ケンコバが驚いた『北斗の拳』原作者・武論尊のヒット作成術

ケンコバが驚いた『北斗の拳』原作者・武論尊のヒット作成術

 11月28日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)にて、ケンドーコバヤシが、有名クリエイターを取材した際のエピソードを語っていた。

 ケンコバが話を聞いたのは、マンガ『北斗の拳』『サンクチュアリ』などの原作を務める、武論尊。ヒット作を生む秘訣を教えてもらったという。

「一切、先を考えないこと。『このストーリーを、こうしていったらおもしろい』と思いついたら、それを消す、と」

 どういう理由なのだろうか。

「漫画ファンって、昔から熱い人が多くて、いろいろ語り合うんです。『こうなっていくはずだ』『このキャラはこう変わっていく』と語られて。いまではネットでその議論が行われて。

 その通りにいったら、『ほら見たことか』と言われる。その通りいかなかったら、『なんだよ、そっちいったのかよ』とか言われるから。思いついたもの、一切捨てるんですって。

 毎週、その作業の時間に、うわっどうしようってなって……無理やりひねり出したら、ヒットが出る。追い詰めるんです」

 毎回ひねりだすわりには「話がよく出来ている」というケンコバ。

「『北斗の拳』なんて、(主人公・ケンシロウ)の胸に7つのキズあるでしょ。あれ、なんでついたかって、最初、飾りで付けたんですって。カッコイイやろ、北斗七星があったらって。

 悩んでるときに、理由づけを思いついたんですって。昔、ケンシロウが拷問されて、一個ずつ傷つけられて。ぜんぜん『参った』と言わないから、『なんで言うこと聞かへんねん!』って、最後、3本でガッとやられたんが、7つになった、みたいな」

 過去には、主人公の恋人までも即興で考えられたものだと明かし、自身を天才的な嘘つきと称し、「当時はよく先の展開がわからないと言われたけど当然だよね。だって作者がわかってないもの」と語っていた武論尊。

 重圧から精神的に追い込まれ、自律神経失調症になってしまったこともあるというが、そのときどきにひねり出すことでダイナミズムが生まれ、数々の名作を生み出し続けられるのだろう。

あわせて読みたい

「北斗の拳」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  2. 2

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  3. 3

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  4. 4

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  5. 5

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  6. 6

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  7. 7

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  8. 8

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    「河野首相だけは絶対に阻止すべし」自民党の実力者4Aが密約を交わした残念すぎる理由

    PRESIDENT Online

    09月18日 10:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。