記事

テレ東「家、ついて行って~」奇跡を生む制作者の努力と苦労


【『家、ついて行ってイイですか?』の奇跡を生む苦労(公式HPより)】

 今年4月、都内で開かれた、若い夫婦の結婚披露宴。ふたりの門出を祝福する場で、とある映像が流れた。その映像には、ほろ酔いの新婦に対し、緊張気味の新郎が「もう一度つきあってください」と告白、頬を赤く染めた新婦が、嬉しそうに「はぁい」と答えるシーンが残されていた。

 これはテレビ東京のバラエティー番組『家、ついて行ってイイですか?』で実際に放送されたもの。当時、別れていたふたりは、この番組への出演をきっかけに復縁した。

 大学時代から5年間交際していたふたりは、この告白の1か月前に“長すぎた春”を理由に破局を迎えていたが、男性側の都合もあって彼女の家で同棲を続けていた。ある晩、新橋で会社の同僚と飲んで終電を逃した彼女にテレ東の撮影スタッフが「家、ついて行ってイイですか?」と依頼。快諾する彼女とともに撮影スタッフが自宅を訪ねると別れた彼氏が部屋を掃除して待っていた。

 復縁にまんざらではなかったふたりだが、お互いに言い出せないでいた。そんな折、突然現れたテレ東スタッフにそそのかされたというか、背中を押されて、前述のように男性が復縁を申し込むと、彼女は「3か月後にプロポーズしてくれるなら」と受け入れたのだ。後に彼は約束通り、彼女にプロポーズして結婚式を迎えたのだった──。

 この夫婦に幸せをもたらした『家、ついて行ってイイですか?』は、2014年1月にレギュラー放送が始まった。終電を逃した人に「自宅までのタクシー代を払うから、家のなかを見せてください」とお願いし、許可が出たら実際に家にお邪魔するという内容で人気急上昇、2016年には放送文化の向上に貢献した番組に贈られる「ギャラクシー賞 優秀賞」を受賞している。

 次々と登場する個性的な素人に、ネット上では「仕込みでは?」「あんな面白い素人がいるはずない」と“ヤラセ疑惑”が囁かれる。

 本誌・女性セブンは真相を確かめるべく、この夫婦を血眼になって捜した。取材を進める中で、新郎の友人に行き着き、彼を通じ、取材依頼。取材に応じた新郎・谷耕平さんは、「ヤラセは一切ないです」と撮影を振り返る。

「あの夜は1時頃に彼女からの電話が鳴り、『テレビが行くから部屋を掃除して』と言われました。ぼくは居候状態だったので、『ハイ、かしこまりました』と(笑い)。関西人なので、テレビに自分をさらすことに抵抗はなかったですね」

 撮影の合間のスタッフとの会話が谷さんの人生を大きく変えることとなる。

「彼女がトイレに行っている間にディレクターさんから、『彼女にタクシーで聞きましたけど、別れたのは“プロポーズをしてくれなかったから”が理由のようです。今、もう一度告白してみませんか』と言われて、思い切って、カメラの前でプロポーズを前提にした復縁を申し入れたら、『はい』と言ってもらえた。情けない話ですが、テレ東さまさまです」(谷さん)

 結婚式にはキューピッドとして、そのディレクターを招待。新郎新婦の両親までが、「テレ東さんのおかげや」と感謝しきりだったという。

◆「奇跡」はいかにして生まれるのか

 このような“奇跡”を次々と起こす番組はどのように作られているのか。同番組のプロデューサーである高橋弘樹さんに、女性セブンが谷さんを搜し出し、取材したことを伝えると、驚きの声を上げた。

「えっ、それは聞いてなかった! すごいですね」

 高橋さんにとっても、谷さん夫婦の復縁は、今までの放送で最も印象に残るエピソードだった。

「谷さん夫婦も、ちょうど何かを語りたいタイミングだったのでしょう。この番組は“家”を通して、住人の人生をのぞき見るもの。タレントさんは、決してイメージを崩さないけど、一般人は“素”の姿を見せてくれる」(高橋さん)

「深夜の自宅」というプライベートにズカズカ踏み込む異色の番組は高橋さんの個人的な体験から生まれた。

「訳あって夜中に他人の家に行った際に、人妻のすっぴんを見て、その色気に衝撃を受けたんです。その時、深夜に他人のプライベート空間に行く番組は、この世に存在しないと気づき、『あなたの奥さん見せてもらえませんか』という艶めかしい番組名で企画を出しました(笑い)。そこから現在の形にたどり着いた」(高橋さん)

 ヤラセ疑惑が生まれるほどの面白い素人を見つけるには、人知れぬ努力がある。

「取材は基本的に2人1組で行います。平日に5~10班、週末には20班ほど取材に出て、1日30人以上に声をかけますが、いきなりカメラを突きつけられて、自宅の撮影を許可してくれる人はほんの一握りです」(高橋さん)

 つまり、月に1万人くらいに声をかけて、放送までたどり着くのは、たった15組程度。

「せっかく自宅に行けたとしても、奥さんに怒られたり、『撮影時は酔ってたから放送しないで』とお蔵入りになることも多い」(高橋さん)

 こんな苦労を乗り越えているからこそ、数々の名場面が生まれているかもしれない。同番組が好調な理由を高橋さんはこう推し量る。

「誰もが、みんな一生懸命生きていて、つまらない人生なんてない。普段すごくイヤな人でも、家のなかでは、赤ん坊をお風呂に入れていることがわかったりしたら、ちょっとだけ好きになれるでしょう。一般人が頑張って生きている姿が視聴者に受けているんじゃないかな」

※女性セブン2017年12月14日号

あわせて読みたい

「テレビ東京」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。