記事

(株)MTGOX

~ビットコイン高騰を受けて債権者が民事再生法適用を申し立て~

画像を見る

MTGOX本社前にて(平成26年2月)

 平成26年4月24日、東京地裁より破産開始決定を受けた(株)MTGOX(TSR企業コード:298819350、法人番号:6011001070356、渋谷区渋谷2-11-5、設立平成23年8月9日、資本金500万円、カルプレス・マルク・マリ・ロベート社長)は平成29年11月24日、債権者から東京地裁へ民事再生法の適用を申し立てられ同日、調査命令を受けた。調査委員には伊藤尚弁護士(阿部・井窪・片山法律事務所、中央区八重洲2-8-7)が選任された。


 仮想通貨「ビットコイン」の取引所として機能するサイト「Mt.Gox(マウントゴックス)」をネット上で運営するベンチャー企業。海外ユーザー中心に会員数は60万人以上にのぼる世界有数の規模として知名度を有していたが26年2月、システムのバグを悪用した不正アクセスにより、ユーザーや会社保有のビットコインがほぼ全部なくなっていることが判明し、事業継続が困難となり26年2月28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

 しかし、民事再生案の立案や遂行が困難との判断で民事再生法申請が棄却され同年4月24日、東京地裁から破産開始決定を受けていた。

 債権者の代理人の福岡真之介弁護士(西村あさひ法律事務所、千代田区大手町1-1-2)によると、破産手続きを進めるなかで、最近ビットコイン価格が急上昇し、当社が保有するビットコインの価値も大幅に高まり、破産債権に対して100%配当が見通せる状況となっていた。

100%配当となった場合、残余の財産については当社の株主に分配することになる可能性が高まり、ビットコインの多額の含み益が株主である(株)TIBANNE(TSR企業コード:298130840、法人番号:8011001069784、渋谷区、同社長、破産手続き中)や同社の100%株主であるカルプレス・マルク・マリ・ロベート社長に分配することを防ぐため、債権者が民事再生法の適用を申し立てた。

 なお、破産手続きでは現金での配当しか認められていないが、民事再生手続きではビットコイン債権者に対してビットコインで配当することを再生計画に定めることも可能される。

 今後、調査委員による調査結果の踏まえ、東京地裁が判断していくこととなる。

あわせて読みたい

「ビットコイン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  3. 3

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  4. 4

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  5. 5

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。