記事

謹慎生活を送っていた「狩野英孝」芸人たちの優しさに感激

謹慎生活を送っていた「狩野英孝」芸人たちの優しさに感激

 今年1月に18歳未満女性との淫行疑惑が報じられ、謹慎生活を送っていたお笑い芸人の狩野英孝。6月から復活し、様々な番組に出演しているのだが、謹慎中はなかなか大変な生活を送っていたようだ。

 11月28日放送の『にけつッ!!』(読売テレビ)にて、当時の様子や、優しく接してくれた芸人の温かみについて語っていた。

 カーテンを締め切って光も浴びず、「みなさんの視界に入っちゃいけない」と考え、誰に誘われても、歯医者以外は外出をしない生活を続けていた狩野。

 最初の3カ月は実家の宮城県に戻っていたのだが、お笑い芸人の小島よしおが、わざわざ訪ねてきてくれたという。

「一生忘れないですね。わざわざ来てくれて。新幹線とタクシーで来て。(タクシーを)少し止めといて、20分くらい話して、『じゃ、東京に戻るわ』って帰っていって」

 また、直接会いにはこなくても、別な形で優しさを感じたこともあるとか。

「テレビでぼくの名前出してくれるだけで、本当にうれしいんですよ。世間に忘れないようにしようっていう先輩たちの温かみとか。(自分の)ギャグやってくれたり」

 なかでも、同郷のサンドウィッチマンの優しさは格別だったという。

「名前を出すわけでもなく、ぼくのデザインしたTシャツを着てロケをやってくれてたり。ジャンクション(「この後は〇〇が放送、見てね!」のような短い告知)で、『狩野英孝も出るよ!』『出ねえよ!』で、CMに行くみたいな……うれしい……」

 謹慎をしたことで、いろんなことのありがたみを知ったという狩野。「謹慎して……よかったとは思わないですけど、気づけたな、と思いました」と一定の意義を見出したようだった。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。