記事

ゆとり教育は成功だった

■ゲス極エノンくんの多才

この頃僕は、音楽やスポーツ分野を中心とした20代のアーティスト/アスリートの出現を見ていると、あの「ゆとり教育」はもしかして成功だったかも、と思っている。

僕もオッサンなのでそんなに20代アーティストの動向は追っていないものの、「ぼくのりりっくのぼうよみ」の新しさ、ゲス極エノンくんの多才さ、またスポーツ分野での若手の活躍(フィギュアのユヅルンとか)等をみていると、戦後すぐの起業ブーム(ホンダ等)と匹敵するようなムーブメントが、いまの20代に起きているような気がしている。

ちょっとゆるいカリキュラムだった「ゆとり教育」は、戦後に生まれた起業家は出現させなかったかもしれないが、アートやスポーツの分野で多彩な若者を出現させている。

つまりは、センスや身体において、多くの才能を開花させている。

少し前までは、「ここ一番」の舞台で多くの日本人選手は失敗していた。今も失敗はしているだろうが、以前のような悲壮感はない。失敗も、チャレンジングな感じがカッコいい。

■世代的特徴の肯定

そう考えると、アートやスポーツでこれだけスターを輩出している世代に対して、「君たちは特別な教育を受けたんだよ」と伝えてあげたい。

僕のようなバブル世代が受けた詰め込みではなく、身体と感性がのびのびできた珍しい10年だったんだよと。

このように、若者たちの世代的環境を応援する言論があると、その世代ごとの人々は自信をもつことができるだろう。

ゆとり世代(20代)は、アートとスポーツ、感性と身体に可能性がある。
団塊ジュニア(40才前後)は、なんだろう、たとえば「起業家スピリット」を植え付けられている。
バブル世代(50才前後)は、たとえば「最後のジャパン・アズ・ナンバーワン世代」とか。

いずれの世代にも、ひきこもりは多数存在する。この世代的特徴を肯定したい。(^o^)



ゲス極ではないが、エノンくんのもうひとつのバンド、インディゴの代表曲。泣かせる。

あわせて読みたい

「ゆとり教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  7. 7

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。