記事

ドル上昇、堅調な指標や次期FRB議長候補の発言受け=NY市場

[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが主要6通貨バスケットに対し上昇。堅調な米指標が追い風となったほか、12月利上げの公算が大きいことを示唆する米連邦準備理事会(FRB)次期議長候補のパウエル理事の発言が材料視された。

終盤の取引で、ドル指数は<.DXY>は0.36%上昇し、93.24をつけた。

朝方発表された11月の米CB消費者信頼感指数は2000年11月以来の高水準を記録した。

パウエル理事はこの日、上院銀行委員会で開かれた承認公聴会で証言し、FRBが12月に利上げに踏み切る公算が大きいとの見解を示した。理事は「次回会合で利上げを決定する根拠は強まっている」とし「(利上げに向け)条件は整っていると考えている」と語った。

コモンウエルス・フォーリン・エクスチェンジの首席市場アナリスト、オマー・エシナー氏は、パウエル理事の発言が「12月の会合で利上げ実施するとの見方を支えた」と指摘。さらに今週発表されている指標が総じて堅調となっていることに言及した。

米上院予算委員会が共和党の税制改革法案を承認したこともドルを支えた。承認を受け、上院本会議は早ければ30日にも採決を実施する見通し。

北朝鮮が弾道ミサイルを再び発射したとのニュースが伝わる中、ドル/円<JPY=>は0.3%高。

ポンド/ドルは1%超上昇。英国と欧州連合(EU)は、英がEU離脱(ブレグジット)に伴い支払う清算金を巡り大筋合意したとの英紙デイリー・テレグラフの報道が材料視された。

ドル/円 NY終値 111.47/111.50

始値 111.34

高値 111.63

安値 111.07

ユーロ/ドル NY終値 1.1839/1.1843

始値 1.1885

高値 1.1900

安値 1.1828

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  6. 6

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  7. 7

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  8. 8

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  9. 9

    日本を利用し中国に媚売る文政権

    PRESIDENT Online

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。