記事

【読書感想】テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム

1/2
テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム

テトリス・エフェクト―世界を惑わせたゲーム

内容説明
冷戦終結間際の1989年2月。日本で小さなゲーム会社を営むヘンク・ロジャースがモスクワに降り立った。そのあとを追うように、さらに2人の西側諸国の人間がモスクワへと入った。目的はただひとつ。それはソ連政府の管理下にあるテクノロジーで、当時すでに世界中の人々に途方もない影響を与えていた代物―「テトリス」。開発からライセンス争奪戦、ゲームボーイでの大ヒットまで、綿密な取材に基づいて描く、伝説的ゲームの驚きの実話。

 『テトリス』をはじめて見たときの率直な印象は、「こんな、すぐに誰にでもつくれそうなゲームが、なんで大ヒットしているんだ?」というものでした。

 僕が『テトリス』を知ったのはセガのアーケード版で、ずっと遊んで「ロケットを飛ばす」までやり続けたのは、モノクロのゲームボーイ版だったのです。

 当時、高校の寮にこっそりゲームボーイを持ち込んだ僕は、毎晩、学習時間に部屋でこっそり『テトリス』をたしなんでいました。

 推薦で受かってしまったんで、学習時間を持て余していたんですよ、なんていうのは言い訳です。

 『テトリス』は、いろんなことを考えなくてすむゲームであるのと同時に、僕にとっては、「本当に頭のいいやつ」が、信じられないようなスピードでクリアしていくのをみて驚かされることも多かったのです。

 このゲームがものすごく上手いやつは、みんな、理数系の成績が飛び抜けてよかったという記憶があるのだよなあ。

 『テトリス』のファミコン版、そして、ゲームボーイ版を実現した重要なプレイヤーとして、BPSのヘンク・ロジャースさんの名前が出てきます。

 昔のマイコンゲーマーであれば、この名前を『ザ・ブラックオニキス』の開発者として記憶しているのではないでしょうか。

 僕は当時のマイコン雑誌で、『ブラックオニキス』が一斉に採りあげられ、絶賛されていたのを覚えているのですが、これは、ロジャースさん自身が、あまりに売れなかったので、主要ゲーム雑誌の編集部に、自ら「売り込み」に行った成果だったそうです。

 ロジャースが自分自身でゲームを開発するのではなく、マーケティングと販売を手掛けるようになったのは、ザ・ブラックオニキスの2作目がきっかけだった。しかるべき続編のザ・ブラックオニキス2を開発するために、小さなチームを組織し、ロジャースも腕まくりして大量のコードを書いていた。それは1984年のことで、チームは数か月もこのゲームに取り組んでいたにもかかわらず、殆ど進捗がみられなかった。彼自身が作成した設計書に照らし合わせると、驚いたことに、完了しているのは全体の5パーセント以下であった。チームも不満を抱いていたが、彼らはロジャースが独自に見出していた、NEC-8801コンピューター上で開発を行う際のショートカットや秘訣をまったく知らなかったのだ。

 1作目の大ヒットをテコにして、2作目を販売するというチャンスは急速に失われつつあった。ロジャースは昼夜を問わずプログラミングし、オフィスの物置で仮眠を取った。最終的にゲームは予定通りに完成したものの、ロジャースはあまりの激務で子どもに会うことすらできなかった。この経験から、ロジャースは二度と同じことはしないと誓ったのだった。

 そうして彼は、自分の会社バレットプルーフ・ソフトウェア(BPS)の方向を転換し、世界中を旅して日本に輸入するソフトを探すようになった。日本ではアメリカの映画がもてはやされ、ヒット曲もアメリカのポップミュージックの二番煎じであることに、当時の彼は気づいていた。島国根性で有名な日本の人々が、突如として海外からのエンターテインメントを受け入れるようになったのかのようだった。ビデオゲームでも同じことが起き、海外のゲームが日本でもプレイされるようになるのではないか——ロジャースはそんな期待を抱くようになった。

 彼は他国ですでにヒットしているゲームを探した。言葉と文化の壁があるため、とくに求めていたのは、理解しやすく遊び方を教える必要が少ないゲームだった。

 ロジャースさんは『ザ・ブラックオニキス』の続編である『ザ・ファイアクリスタル』をなんとか完成させます。

 その開発があまりにも大変で、家に帰れない時期が長く続いたことや、当時の家庭用ゲーム界には、『ドラゴンクエスト』 『ファイナルファンタジー』など、多くの人が関わる大きなプロジェクトのRPGが主流になってきたことから、ロジャースさんは、他の国の面白いゲームを輸入し、ときには日本市場に合うようにローカライズして売るという方針に転換していったのです。

 そうか、『テトリス』のファミコン版がBPSから出ていたのは、こういう流れがあったからなんだな……

 それと同時に「日本を代表する未発売ソフト』である、『ブラックオニキス』シリーズの第3作『ザ・ムーンクリスタル』が結局出なかった(さすがにもう出ませんよね……)、というのも、ロジャースさんの仕事の軸が、オリジナルゲームソフトの開発には置かれなくなってしまったから、ということもわかりました。

 それならそうと、早く言ってくれよ、という感じではありますが。

 『テトリス』は、アレクセイ・パジトノフという人によって、ソ連で開発された。のちにパジトノフさんは、アメリカに移住し、さまざまな「テトリスのようなゲーム」を発表しつづけている。

 僕のテトリスとその作者についての知識は、この程度なのですが、この本のなかでは、その開発のプロセスについても、関係者の証言などから、かなり詳しく語られています。

 当時のソ連のコンピュータは西側のものに比べて圧倒的に劣っていて、できることが限られていた。

 そのなかで、以前夢中になっていた、四角形を組み合わせる遊び(「ベントミノ」というパズルゲームだそうです)をコンピュータ上でパジトノフさんがやってみて、ゲームとして面白くなるように、周囲の感想や助力をえてブラッシュアップしていったのが『テトリス』だったのです。

あわせて読みたい

「ゲーム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  5. 5

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  6. 6

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  7. 7

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  10. 10

    真面目ゆえ命落とすナチス収容所

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。