記事

ドル111円前半、株価失速眺めてじり安

[東京 28日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の111円前半だった。午前は110円台に下落する場面もあったが、下げの勢いは強まらなかった。111.30円台まで反発した後、株価の失速を眺めてドル/円もじり安となった。

受け渡しベースで実質的な月内最終売買となるきょうは、仲値にかけて実需主導で売りが先行。一時110.93円まで下落した。米10年債利回りが2.32%付近へ低下し、22日につけた3週間ぶり低水準に再接近したこともドルの下押し要因となった。

その後、ドルは日経平均のプラス転換にも支援され、111.33円まで買い戻された。ただ、上昇の勢いは弱く、午後に株価がマイナス圏に沈むと、ドル/円もじりじり値を下げた。

午後、黒田東彦日銀総裁は衆院予算委員会で、過度な低金利の副作用を示す概念である「リバーサル・レート」について、「最適なイールドカーブを把握していくうえで、参考になり得る1つの理論」と述べるととともに、適切なイールドカーブの形成には「経済・物価だけでなく、金融情勢を丁寧に点検していく必要がある」と指摘した。

黒田総裁が13日の海外での講演でリバーサル・レートに言及して以降、金融政策の微調整に対する思惑を呼んでいるが、きょうの発言は市場で材料視されなかった。

ユーロは朝方から1.1900ドルを挟んだ狭いレンジ内で推移。海外市場では、独キリスト教民主同盟(CDU)のクレックナー副党首が、社会民主党(SPD)との連立協議が越年するとの見通しを示したことなどでユーロが売られたが、その流れは続かなかった。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 111.16/18 1.1900/04 132.31/35

午前9時現在 111.12/14 1.1902/06 132.29/33

NY午後5時 111.09/10 1.1896/00 132.17/21

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  10. 10

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。