記事

元阪神・一二三慎太 女性への乱暴はツイッターで発覚した


【阪神の元期待の星が…】

 甲子園を沸かせた元エースはどこで道を誤ったのか。名門・東海大相模を2010年夏の甲子園で準優勝に導いた一二三慎太(25)。ドラフト2位で阪神に入団したが、入団直後の春季キャンプで右肩を痛め、一度も一軍に上がることなく昨年オフに自由契約に。今年3月からは独立リーグ「BCリーグ」の石川ミリオンスターズに練習生として参加していた。

 一二三が久々に“表舞台”に現われたのは、11月22日のNHKの速報ニュースだった。

〈元阪神選手 女性に乱暴の疑いで逮捕〉

 実はこの件が発覚したのは、本誌取材がきっかけだったようだ。発端は11月20日、ツイッターへのある投稿だった。

〈レイプされたと聞き、頭が真っ白になり、(中略)家に、乗り込んだ。プロ野球選手って言うのは、聞いていた〉

 投稿者は、続けてこのプロ野球選手が元阪神の一二三であること、一二三含め3人がすでに逮捕されていることを書き込んだ。

 ネット上ではにわかに注目を集めたが、その後何も発表されることがなく、書き込み自体も消されたため、「デマ」認定を受け騒ぎは落ち着いた。だが本誌はその間、事件があったとされる沖縄県金武町に飛び、投稿者の友人から情報を得た。

「全部ホントですよ。被害に遭った女性が騒いでほしくないというので、書き込みを消しちゃったんです。近所の整骨院の2階が民宿みたいになっていて、そこに一二三たちは6人くらいで滞在していた。あいつ(投稿者)が乗り込んだ後に警察が来たんです」

 管轄のうるま市石川警察署に取材を申し入れたところ、強制性交容疑での逮捕を大筋で認めた。NHKが速報したのはこの取材の2時間後だった。

 一二三が事件を起こしたのは、来季に向けた自主トレ中だったという。下部リーグで再起を図った矢先の転落だった。過去、甲子園のスターとして鳴り物入りでプロ入りしながら花開かず、戦力外通告されてから犯罪に手を染めてしまった元プロ野球選手は何人もいた。

 一二三の愚行は許されるはずもないが、そうした選手を生み出さないようにすることも球界の課題になってくる。

※週刊ポスト2017年12月8日号

トピックス

ランキング

  1. 1

    「肺炎拡大の覚悟を」医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    「共産市長NO」巡る立民の不誠実

    田中龍作

  4. 4

    サイゼ人気商品「消えた」の真相

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    武漢のリアルを映した映像が話題

    AbemaTIMES

  6. 6

    募ると募集 詭弁重ねる安倍首相

    常見陽平

  7. 7

    マスクの予防効果は疑問だらけ

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  8. 8

    プロ野球の投球間隔は「長すぎ」

    WEDGE Infinity

  9. 9

    整形アイドルが語る自己肯定感

    幻冬舎plus

  10. 10

    募ると募集違う? 首相答弁が波紋

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。