記事

メルケル独首相、SPDとの連立協議を歓迎

[ベルリン 25日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は25日、第2党のドイツ社会民主党(SPD)と連立協議を行う見通しなったことを歓迎する姿勢を示し、これまでの大連立はうまく機能してきたと強調した。

首相はドイツ北部で行ったキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の会合で、「欧州には強いドイツが必要だ。早期に政権を樹立することが望ましい」と述べ、「有権者に再び投票してもらうことは完全に誤っている」との見方を示した。

20日の時点では、少数政権より再選挙のほうが望ましいと述べていた。

首相はまた、SPDと連立協議を行う見通しとなったことを歓迎し、「(CDU・CSUとSPDは)これまでうまく協力してきた」と指摘。大連立の下でドイツは、力強い労働市場や財政収支の均衡などを実現したと強調した。

シュタインマイヤー大統領は30日、メルケル首相とSPDのシュルツ党首、CSUの党首を迎えて協議を行う。

ただ、移民受け入れなどを巡る双方の立場の違いから、協議は難航する可能性もある。

シュルツ党首は、結果が自動的に決まっているわけではないとくぎを刺し、党員による投票によって決定する考えを示している。

SPDは9月の選挙で多くの議席を失ったことから、大連立の是非を巡り党内では意見が分かれている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。