記事

遺伝子研究 親の身長が低くても子が低くなるとは限らない

こんな身近な”病気”も遺伝する可能性アリ

【こんな身近な”病気”も遺伝する可能性アリ】

 医学の分野では遺伝子を解析し、病気は「遺伝」が原因となるのか、それとも生活習慣などの「環境」が引き起こすのかという研究が進んでいる。病気以外に、体の特徴や性格、能力なども親から子に遺伝すると考えられるが、遺伝のしやすさには、それぞれ差がある。

 たとえば、顔立ち。「男の子は母親似で女の子は父親似」と言われるが、顔の特徴はどこまで遺伝するのか。石川県立看護大学教授の大木秀一氏はこう言う。

「子供の顔立ちには、父母両方の遺伝子が入ってきて、発現する確率は五分五分です。全体的にどちらかに似ているというよりは、目や鼻、口など個々のパーツがどちらかに似るケースが多い」

 身長に関しては、意外な事実が判明した。

「身長は遺伝の影響が90%ほどとされていますが、両親の身長が低いからと言って、必ずしも子供も低くなるとは限りません。人間の持つ身長が伸びる遺伝子が最大で10あったとして、たとえ両親が3ずつしか持っていなかったとしても、その子供には両親の“伸びる”遺伝子6つ分が受け継がれるケースもあるからです」(大木氏)

 身体的な特徴が遺伝するのは、自分や周囲の親子を見ていれば、ある程度、実感できるが、性格についてはどうか。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏はこう解説する。

「英ロンドン大学の研究グループが、過去の論文を分析した研究報告によると、『経験への開放性』『勤勉性』『外向性』『協調性』『情緒不安定性』の5つは40~60%が遺伝子の影響であることを説明できるとしています。残りは育った環境によるということです」

※週刊ポスト2017年12月1日号

あわせて読みたい

「遺伝子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  2. 2

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  3. 3

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  4. 4

    元SMAP干されるテレビ業界の実態

    笹川陽平

  5. 5

    教師いじめ給食カレー中止に賛否

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    消えた日本人観光客 箱根の現在

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  8. 8

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「札幌も十分暑い」地元民が回答

    常見陽平

  10. 10

    災害に弱いタワマン なぜ建てる?

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。