記事

欧州に見る「外交は内政の反映」、今こそ日本の出番 - 坂場三男

 ドイツのメルケル首相がかつてない困難に直面している。9月の連邦議会選挙で単独過半数を失い、連立協議も不調で少数政権でのスタートを余儀なくされそうである。これで行き詰まるようなら再選挙という選択もあり得るが、再び過半数をとれなければ辞任せざるを得ないであろう。

つい最近まで飛ぶ鳥を落とす勢いだったメルケル政権の権威は失墜し、それと同時に「ヨーロッパ一強時代」と呼ばれたドイツの圧倒的存在感もすっかり影をひそめてしまった。「外交は内政の反映」といわれるが、EUをリードしてきたドイツ外交の凋落はいまやこの言葉通りの姿になっている。

 これに反比例するようにマクロン大統領指導下のフランスが一気に息を吹き返しつつある。労働組合の強い反発にもかかわらずフランスのがんと言われてきた労働者優遇制度を抜本的に改革しつつあり、外交面では新たなEU統合推進案を打ち出すなど注目すべき動きを見せている。今年の大統領選挙と国民議会選挙で相次いで勝利し、EU懐疑派の極右・国民戦線をすっかり脇に追い込んでしまっている。

過激な内外政策のゆえに世論の支持は落ちているが、2019年の欧州議会選挙を別とすれば、しばらくは大統領選挙も国民議会選挙もないので世論に迎合しなければならない理由はなく、3~4年後の選挙には「成果で勝負」と腹をくくっているように見える。マクロン大統領は未だ就任後半年ばかり、先々は未知数だが、フランスの未来にわずかの光明をもたらしている。

 それでは英国はどうかというと、EU離脱交渉がいっこうに進展せず、1年数か月後に迫っている離脱期限までにEU側と意味のある合意(ソフト・ランディング)に達するのは絶望的になりつつある。抜き打ち解散を行った6月の総選挙で事実上の敗北を喫したメイ政権(保守党)は閣内の混乱もあずかって今や「打つ手なし」の状況にある。

このまま事態が推移すれば「合意なき離脱」という最悪の事態も予想され、経済的なダメージを懸念する声は少なくない。最近では一部の議員や有識者からEU離脱の方針それ自体を再考すべきではないかとの主張すらなされるようになっている。英国は安全保障面でこそNATOを通じた欧州連携の一員であり続けるが、それ以外では英国とEUは「赤の他人」になりかねない。我が国のようにEUの窓口たる英国に対して欧州最大の投資を行っている部外国は梯子をはずされた格好になる。

 欧州政治におけるイタリアの存在感は限りなくゼロに近い。こちらも昨年12月の国民投票で自らの提案が否決されたレンツイ首相が辞任、その後にジェンティローニ政権が発足したが、議会の混乱は続いている。イタリアでは、2013年の選挙以降、所属政党をひょいひょいと変える無節操な議員(上下両院議員945名の3分の1以上)が後を絶たず、深刻な政治不信を招いてきた。彼らは政界というジャングルの中を1つの木から別の木へと飛び移る「ターザン議員」と揶揄されている。フランスで欧州懐疑派勢力が退潮しつつあることの影響もあって、EUあるいはユーロを批判する政党(5つ星運動)は一時の勢いを失っているようだが、国際政治の舞台で一役演じられそうな政治状況にはない。

 こうしてみると、欧州政治における主要国の外交はそれぞれの国の内政を直接反映するものになっていることが分かる。米国でもトランプ政権の「米国第一主義」が幅をきかせ民主的な理念や価値観を示せない状況にあっては国際政治におけるリーダーシップは期待薄と言わざるを得ない。今や、「世界のリーダー」は中国の習近平国家主席ではないかと評する(皮肉な)声もある。それほど、欧米主要国の指導者は内政問題に汲々としていてグローバルなビジョンを示し、これを主導する力を失っている。

 私は先に「安倍政権の継続は日本の国益」という一文を書いたが、欧米諸国が内政で混乱している今こそ日本の出番なのではないか。10月の衆議院議員選挙で自民党が勝利した結果、日本の内政は相対的に安定し、安倍政権は6年目を迎える。

安倍総理は今やG7首脳の中ではメルケル首相に次ぐ古株である。勢い、TPP11の経済連携交渉にしろ地球環境問題にかかわるCOPの交渉にしろ、国際社会は安倍総理のリーダーシップに期待する。日本が自らの理念と価値観を示し、世界の平和と安定、発展に貢献できる時代がそこまで来ているように思える。

バックナンバーはこちら

坂場三男(さかばみつお)略歴
1949(昭和24)年、茨城県生れ。1973年横浜市立大学文理学部文科卒業。同年外務省入省。フランス、ベルギー、インド、エジプト、米国(シカゴ)等に勤務。外務本省において総括審議官、中南米局長、外務報道官を務める。
2008年、ベトナム国駐箚特命全権大使、2010年、イラク復興支援等調整担当特命全権大使(外務本省)、2012年、ベルギー国駐箚特命全権大使・NATO日本政府代表を歴任。
2014年9月、外務省退官。2015-17年、横浜市立大学特別契約教授。現在、JFSS顧問、MS国際コンサルティング事務所代表として民間企業・研究機関等の国際活動を支援。また、複数の東証一部上場企業の社外取締役・顧問を務める。
2017年1月、法務省公安審査委員会委員に就任。著書に『大使が見た世界一親日な国 ベトナムの素顔』(宝島社)等がある。

あわせて読みたい

「EU」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。