記事

ZOZOSUITの登場に思うこと。

1/2

一昨日から昨日にかけて、僕のタイムラインはZOZOSUITの話題で持ちきりでした。

参照:【ZOZOSUIT】服が人に合わせる時代へ – ZOZOTOWN

肯定派も否定派も、どちらの意見も非常に納得感があるもので、きっとどちらも正解なんだと思います。

肯定派は「アパレル」のビジネスモデルの話をしているし、否定派は「ファッション」の感性の話をしている。

これから一気にアパレル分野のビジネスモデルは変化していくのだと思うし、いい人がいるセレクトショップ(ブランド)も絶対になくならない。

今までずっと曖昧だったアパレル分野とファッション分野がより明確に分かれてくることになるのでしょう。

最終的には互いに良い面を尊重しながら、手をとりあえばいいと思うのです。

その上で、今日はこのプロダクトが発表されて僕が気になったことを少しだけ書いてみようかなと思います。

ファッションの分野で思うこと。

まず、ファッション分野で思うこと。

ファッションは「なりたい自分になれるかどうか」という意味合いがとても強いです。

さらに「流行」という意味でファッションを捉えれば、欲しいものというのは、自分にジャストサイズのモノよりも、憧れのあの人が着ているアレだったり、みんなが着ているアレだったりする。

そう考えてくると、Googleが以前、個人に最適化した検索結果を表示する実験を行った際に、その評価とは裏腹にあまり流行らなかったことと同じように、ZOZOSUITがその道も辿る可能性も少しはあり得るのかなと。

自分に最適化されているものよりも、やっぱりみんなが着てるものが欲しかった、と言うような。

また、みんながジャストサイズを着ている中で、あえてそこから逸脱した洋服を着ることで目立とうとする流れも生まれてきそうです。

このプロダクトが世の中にドンドン普及していく中で、ファッションの分野にどんなカウンターカルチャーが生まれてくるのかはとても気になるところです。

あわせて読みたい

「ZOZOTOWN」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏が居眠り謝罪 歳費返納

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    感染拡大するスウェーデンの日常

    田近昌也

  3. 3

    テレ東が先陣 マスク着用で好評

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    毎日が40億円超減資で中小企業に

    岸慶太

  5. 5

    プペルも? 泣くための映画に疑問

    かさこ

  6. 6

    菅首相 イエスマンだらけの失策

    毒蝮三太夫

  7. 7

    SEXなく…夫に不倫自白した女性

    PRESIDENT Online

  8. 8

    鼻マスク失格 秩序守った監督官

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    医療整備に腹くくれない首長たち

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「最底辺」で育った40歳の絶望

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。