記事

クロネコヤマトの去った街で。

つい先日のことだけど、自室の呼び鈴が鳴った。集合住宅なので、エントランスのカメラを見ると荷物を持っている。

普通だと「ヤマトです」とか「ゆうぱっく」ですとか言うのに、無言だ。ただ、注文していた心当たりがあったので開錠した。

部屋まで来て、外を確認すると配達の人が来ている。荷物を差し出し、無言で伝票を出す。何か言ってるようだが、聞き取れない。「ありがとう」と言っても、無言のままで去っていった。

聞いたことのない宅配業者だった。

もしかしたら外国人だったのか、それとも話をしたくない人だったのか。それだったら、ロボットの方がいいんじゃないかと思ったりもする。

頼んだのは日用品だったけれど、これからの時期にこんな感じでギフトが来たら、なんかガッカリだろうな。

そういえば、最近ヤマト運輸の方がめっきり来なくなった。アマゾンとの契約が変わったからだろう。近所を歩いていたら顔馴染のKさんと会って、元気そうではあったが「久しぶりです」と照れ笑いだった。

自宅が仕事場なので、何かとネット通販のお世話にはなっている。便利で快適だ。しかし、その品質は、たとえばアマゾンではなくヤマトが担っていたんだなぁと実感する。単にモノが届けばいいというわけではなくて、「心地よくモノを受けとれる」からこそ、ネット通販は重宝だったのだ。

ところが、ヤマトが姿を見せることは稀になり、「無言の来訪」がやってくる。翌日は家人も同じ経験をしたそうで、やはり心地いいものではないと言う。

実は、ヤマトが去った街ではちょっとした混乱も起きている。先日、夜に帰ってきたら駐車場に軽自動車のワゴンが止まっていた。中に人がいる。

すぐにクルマを使うわけではないけど、ちょっと気になったので声をかけた。どうやら宅配のクルマらしいのだけど、この辺りに不案内のようでいろいろ調べているらしい。ただ、それをどうして集合住宅の駐車場のスペース内でやるんだろう。

あと、細い道で「ここにだけは荷降ろしも停車はしない」という不文律の場所に平気で止めている配送のクルマも出てきた。

ヤマトがおこなってきたサービス品質は、当たり前のようになっていたけれど、それを引き継ぐのは容易ではない、という至難なのではないか。近年同様に、今年も年末にかけて物流は相当ひっ迫するだろう。

そこに、不慣れな、というか日本語すら怪しいドライバーが駆け回るのだから、相当混乱するような気もする。

さっき「ロボットの方がいい」と書いたけど、「戸口までの配送」という労働の代替は結構難しそうで、人の力に頼らざるを得ない。「仕事って人だよなぁ」と当たり前のことを、「ヤマトの去った街」で感じるのだった。

あわせて読みたい

「ヤマト運輸」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  3. 3

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  7. 7

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  8. 8

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  9. 9

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

  10. 10

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。