記事

立憲主義に基づく改憲は、ある、と私も思う

立憲主義を打ち出せば打ち出すほど、改憲派になるはずなのだがなあ、と思っていたが、どうやら立憲民主党も単なる護憲派、頑固な護憲派の陣営から離れるようである。

上手くすると、憲法改正論議が一歩前進する。

立憲民主党が共産党から一歩離れれば、護憲、改憲の不毛な争いをいつまでも続けなくても良くなるはずである。

希望の党や維新は憲法改正そのものには前向きだから、自民党が数の力を恃んで強引に憲法改正の発議に踏み切ったりしなければ、憲法改正を巡って国論が大きく分裂したり、国民の間に深刻な対立を持ち込んだりする虞はぐっと少なくなる。

自民党の中には立憲主義への理解がやや不足しているところがあるが、国民の理解を得ながら丁寧に憲法改正の議論を尽くしていくという基本姿勢を失わなければ、ほどほどの憲法改正案の発議に落ち着いていくはずである。

多分、公明党も立憲主義自体は否定しないはずである。

希望の党は衆議院の憲法調査会長を務めたこともある元自民党の衆議院議員の中山太郎元外相や自民党の憲法調査会長を務めたことのある船田元衆議院議員を講師に招いて希望の党としての憲法改正議論を進めることを検討しているようだ。

これがいい。

自民党も公明党も希望の党も維新も、国民の大多数が受け容れるような憲法改正案の発議が出来るように、丁寧に議論を尽くしていくのがいい。

多分、立憲民主党も、立憲主義の観点から見て受容できるような憲法改正案になるのであれば、無碍に憲法改正案の発議自体には反対しないのではないか。

まあ、憲法改正問題を政局に絡めようとすると、どうしても議論が先鋭化し、抜き差しならないところにまで追い詰められてしまうだろうが・・・。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  2. 2

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  3. 3

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  4. 4

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  5. 5

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  6. 6

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  9. 9

    仏、給食費未納問題、正しいアプローチは

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    09月18日 12:36

  10. 10

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。