記事
  • S-MAX

インターネットテレビ「AbemaTV」のスマホなど向けアプリに「通信節約モード」が追加!これまでの推奨画質とほぼ同じ画質で通信量は最低画質のさらに半分に

リンク先を見る
ゼロから始めるスマートフォン

サイバーエージェント傘下のアベマティーヴィーは20日、同社が運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」においてスマートフォン(スマホ)など向けアプリに新しい画質モード「通信節約モード」が追加したと発表しています。

これまでの「最低画質」のさらに約半分のデータ通信量で視聴できるとのことで、月当たりのGB(ギガバイト)が足りない月末などでも視聴しやすくなりまいた。なお、すでにAndroid版およびiPhoneなどのiOS版の両方で対応しています。

リンク先を見る

現在、モバイル通信環境において映像サービスの利用は毎月の通信量を消費するひとつの大きな原因となっていて、AbemaTVアプリにはこれまでも「最高画質・高画質・中画質・低画質・最低画質」の5段階でユーザーが自由に調整できる機能が備わっていました。

新しく追加された「通信節約モード」は、映像の画質劣化を最小限に抑えつつ、これまでのモバイル通信推奨画質である「最低画質」での視聴時と比較して50%のデータ量で視聴することが可能なモードです。

通信量が半分ですから、同じデータ通信量で2倍長く視聴できるということでもありますし、もしかするとデータ通信のしすぎで通信速度が制限されている状態で、よりスムーズな視聴が可能かもしれません。

「AbemaTV」通信量目安
・通信節約モード = 1GBあたり約10時間
・最低画質(モバイル通信推奨画質) = 1GBあたり約5時間
・低画質 = 1GBあたり約4時間
・中画質 = 1GBあたり約3時間
・高画質 = 1GBあたり約1.5時間
・最高画質 = 1GBあたり約1時間

通信節約モードは、AbemaTVアプリの画質設定でモバイル回線時の画質モードを「通信節約モード」にすることで有効になります。もちろん、無線LAN(Wi-Fi)回線時の画質は別個に設定できます。

なお、パソコン(PC)やテレビで視聴する場合は、任意に画質モードを変更することはできず、自動的に最適な画質に調整されます。

リンク先を見る

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ワタミ ホワイト企業表彰で喜び

    わたなべ美樹

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。