記事
  • S-MAX

インターネットテレビ「AbemaTV」のスマホなど向けアプリに「通信節約モード」が追加!これまでの推奨画質とほぼ同じ画質で通信量は最低画質のさらに半分に

リンク先を見る
ゼロから始めるスマートフォン

サイバーエージェント傘下のアベマティーヴィーは20日、同社が運営するインターネットテレビ局「AbemaTV」においてスマートフォン(スマホ)など向けアプリに新しい画質モード「通信節約モード」が追加したと発表しています。

これまでの「最低画質」のさらに約半分のデータ通信量で視聴できるとのことで、月当たりのGB(ギガバイト)が足りない月末などでも視聴しやすくなりまいた。なお、すでにAndroid版およびiPhoneなどのiOS版の両方で対応しています。

リンク先を見る

現在、モバイル通信環境において映像サービスの利用は毎月の通信量を消費するひとつの大きな原因となっていて、AbemaTVアプリにはこれまでも「最高画質・高画質・中画質・低画質・最低画質」の5段階でユーザーが自由に調整できる機能が備わっていました。

新しく追加された「通信節約モード」は、映像の画質劣化を最小限に抑えつつ、これまでのモバイル通信推奨画質である「最低画質」での視聴時と比較して50%のデータ量で視聴することが可能なモードです。

通信量が半分ですから、同じデータ通信量で2倍長く視聴できるということでもありますし、もしかするとデータ通信のしすぎで通信速度が制限されている状態で、よりスムーズな視聴が可能かもしれません。

「AbemaTV」通信量目安
・通信節約モード = 1GBあたり約10時間
・最低画質(モバイル通信推奨画質) = 1GBあたり約5時間
・低画質 = 1GBあたり約4時間
・中画質 = 1GBあたり約3時間
・高画質 = 1GBあたり約1.5時間
・最高画質 = 1GBあたり約1時間

通信節約モードは、AbemaTVアプリの画質設定でモバイル回線時の画質モードを「通信節約モード」にすることで有効になります。もちろん、無線LAN(Wi-Fi)回線時の画質は別個に設定できます。

なお、パソコン(PC)やテレビで視聴する場合は、任意に画質モードを変更することはできず、自動的に最適な画質に調整されます。

リンク先を見る

記事執筆:ゼロから始めるスマートフォン

あわせて読みたい

「AbemaTV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    人気のセ・実力のパに「違和感」

    中川 淳一郎

  8. 8

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  9. 9

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。