記事

「るろうに剣心」作者、児ポ法違反で書類送検に衝撃広がる 「新連載を読もうと思ってた矢先に」

人気漫画「るろうに剣心」の作者である和月伸宏さん(47)が、児童ポルノの単純所持容疑で書類送検された。11月21日、読売新聞が報じた。

報道によると和月さんは容疑を認めており、「小学校高学年から中学2年生くらいまでの女の子が好きだった」と供述しているという。和月さんは今年9月4日発売の「ジャンプスクエア」10月号から、『るろうに剣心』の続編となる『るろうに剣心-明治・北海道編-』の連載を始めたばかりだったこともあり、ファンからは驚きの声が上がっている。

過去にジャンプ漫画家が児童買春で逮捕された際には作品打ち切りに

画像は「ジャンプスクエア」公式サイトより
画像は「ジャンプスクエア」公式サイトより

「るろうに剣心」は1994年から99年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載。アニメ化や映画化もされた人気作だ。今の20~30代を中心に、国内外にファンがいる。現在連載中の「北海道編」の読者らは報道を受けて、

「北海道編単行本待ちだったのにこれはもう発売されないパターンになるのか。そもそも連載打ち切り?」
「新連載を読んでみようと思ってた矢先に…」

と肩を落とす声が相次いだ。実写映画の続編を期待していたファンからは「これでなくなったな」と失望の声も出る。同作は宝塚歌劇団で舞台化もされているが、これに関しても「今後宝塚版るろ剣が再演される可能性が消えたのでは」と心配の声も。漫画以外にも様々なメディアで展開していた分、各所への影響も大きそうだ。

過去に警察沙汰になった漫画家には、フジテレビ系でアニメ化もされた『トリコ』の作者・島袋光年さんがいる。島袋さんは「週刊少年ジャンプ」に『世紀末リーダー伝たけし!』を連載していた2002年、児童買春禁止法違反で逮捕された。同作品は打ち切りになり、既刊の単行本も絶版になったが、2004年に「スーパージャンプ」で復帰している。

キャリコネニュースは現在、集英社に和月さんの既刊コミックスや連載中の作品の取り扱いについて取材を申し込んでいる。回答があり次第追記する。

あわせて読みたい

「マンガ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ワタミ ホワイト企業表彰で喜び

    わたなべ美樹

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  10. 10

    差別ゼロ 理想掲げる東大の矛盾

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。