記事

幹事経験者の6割以上が飲み会で怒りを覚えた経験 「コース以外のものを勝手に注文」「ドタキャンした人のSNS」

「らくらく連絡網」を提供するイオレと日本幹事能力研究会は11月20日、「幹事と忘年会に関するアンケート」の結果を発表した。調査は今年10月にインターネットで実施し、「らくらく連絡網」の会員1503人から回答を得た。うち82.4%にあたる1238人が幹事を務めたことがある。

幹事を務める際に最も大変なことを聞くと「日程調整」(30.5%)と「お店選び」(29.9%)が多かった。

以降「参加確認の期限までに回答が決まらない」(16.2%)、「参加・不参加の集計」(12.0%)、「お金の徴収」(3.2%)、「お金の計算」(2.8%)、「料理のメニュー選び」(2.7%)、「誘うメンバーの選定」(1.7%)と続く。

「当日連絡ナシのドタキャンなのにキャンセル料を支払ってくれない」

幹事の経験、ありますか?
幹事の経験、ありますか?

さらに、幹事経験者の62.3%は「幹事を務める際に怒りを覚えたことがある」と回答。どんなことに怒りを覚えた聞くと、「選んだ店をけなされた」「予約したお店を上司の好みで急に変更された」など準備段階でのブチギレ話や、

「コース以外の注文を勝手にされたため会計があわなかった」
「当日に連絡なしでドタキャンされた上にキャンセル料を支払ってくれなかった」

など当日のアクシデントについてのエピソードが寄せられた。他にも「ドタキャンした人物が他のイベントに参加している様子をSNSにアップしていた」というコメントもあった。

人生で一番の怒りが10だとすると、これら"ブチ切れエピソード"の怒り度はどれくらいになるかを聞くと、平均は「5.3」。しかし約9%の人は「10.0」と回答しており、幹事で人生最大クラスの怒りを感じたという人もいた。

2割の社会人が「積極的な立候補」で幹事を務めている

一方、幹事を務める際、どんな時に喜びを感じるかを聞くと、1位は「参加者が楽しんでいると感じたとき」(69.5%)だった。2位以降「感謝されたとき」(35.5%)、「お店選びを誉められた時」(30.5%)、「これまで会話したことのない人同士が仲良くなっている場面を見た時」(17.9%)と続く。

しかし中には「参加者が予定人数の通りだった時」(12.3%)、「介抱しなければいけない人がひとりもいなかった時」(2.3%)など、日々の苦労が垣間見える回答もあった。

ちなみに幹事を務めることになった経緯で最も多いのは「持ち回り制」(34.4%)だ。しかし僅差で「周囲からの推薦」(31.4%)となり、「上司または目上の人からの命令」(20.4%)、「仕方なく立候補」(16.4%)なども少なくはない。しかし「積極的な立候補」という人も22.0%いた。

忘年会の幹事を務めた経験がある人から、今年初めて幹事を務める新人幹事へのアドバイスを聞くと、「幹事も楽しむつもりで、気軽に取り組む方がよい」という内容が多かった。他には、

「良いお店はすぐに予約でいっぱいになってしまうため、早めに開催日を設定する」
「女性参加者が多い時はデザートを用意する」
「参加費は事前に徴収しておく」

という、準備に関することが挙げられた。また「参加者には『ドタキャンする場合でも予約分の料金はいただく』旨を予め伝えておく」「挨拶(司会、乾杯、締め)をされる方には事前に依頼し、段取りを説明しておく」などトラブル回避に役立つアドバイスも寄せられた。

あわせて読みたい

「忘年会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    SNSで敢えて「時差投稿です」と言い訳 背景に日本社会の同調圧力の強さ

    内藤忍

    09月19日 13:00

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。