記事

米共和党、アラバマ州補欠選の勝利目指す 候補者は未成年暴行の疑い

[ワシントン 20日 ロイター] - 米国大統領上級顧問のケリーアン・コンウェイ氏は20日、税制改革法案を上院で可決するため、アラバマ州の上院補欠選挙で共和党のロイ・ムーア氏(70)の当選を望んでいると明らかにした。

ムーア氏は30代の頃、10代の女性らに性的交渉を強要した疑いが持たれている。

アラバマ州の最高裁判事だったムーア氏は共和党にとって、12月12日の補欠選で勝つ可能性のある、唯一の現実的な候補。同党の上院(定数100)における議席は52であり、他党との差は非常に小さい。

ホワイトハウスによるとトランプ大統領は、疑いが真実であればムーア氏は出馬を取りやめるべきだと考えている。ただホワイトハウスは、候補は他にも多く、上院議員を選ぶのは州の住民でありムーア氏に辞退を求めてはいないとも説明していた。

コンウェイ上級顧問は20日のFOXニュースチャンネルで、民主党候補のダグ・ジョーンズ氏を激しく批判した。ムーア氏の疑惑が2週間前にワシントン・ポスト紙で報じられて以来、元連邦検事のジョーンズ氏は世論調査でムーア氏を上回る支持を得ている。

コンウェイ上級顧問は、ムーア氏への投票を望むかとの質問に「上院の採決で、今回の税制改革法案を通過させたい」と答えた。

ムーア氏は疑惑を否定しており、自らを「魔女狩り」の犠牲者だと主張している。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  5. 5

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  6. 6

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

  7. 7

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  8. 8

    都構想リーク記事に陰謀の匂い

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    杉田議員が差別発言繰り返す背景

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。