記事

忘れるな拉致。

1/2

11月18日(土)~19日(日)  

北朝鮮拉致被害者の救出は新潟県民の悲願であり、国民の切なる願いです。2002年の小泉総理による電撃的な訪朝、金正日総書記との首脳会談により北朝鮮は拉致を初めて認め謝罪、柏崎の蓮池さん、佐渡の曽我さん、福井県の地村 さんが帰国しました。飛行機のタラップから降りてきた5人の姿、表情は今も鮮明に記憶に残っています。

画像を見る

連合新潟地協交流懇親会

画像を見る

三条魚市場へご挨拶

画像を見る

三条中央卸売市場へご挨拶

画像を見る

燕市の関西出雲大社 久多美神社に御礼のご参拝

画像を見る

三条市で開かれた児童作品展

画像を見る

忘れるな拉致県民集会

画像を見る

画像を見る

画像を見る

秋葉区国政報告会

画像を見る

画像を見る

以来、15年の月日が流れ、13歳で拉致された横田めぐみさんは帰国できないまま40年という長い時間が経ちました。ストックホルム合意での拉致被害者の再調査は停滞したままで、北朝鮮側はその合意さえ破綻したと一方的に主張しています。

9月19日の国連演説において、米国のトランプ大統領が拉致について述べるなど各国首脳の理解と国際社会全体での連携は進展していますが、他方、日本政府独自の、主体的な取り組みがいったいどこまで行われているのか、まったくわかりません。圧力はもちろん必要ですが、対話と交渉が中途半端なのではないでしょうか。

米国を標的としたミサイル発射を繰り返すなど、北朝鮮の狙いは米国との直接交渉ではないかとも言われています。だとすれば、安倍総理自らが北朝鮮に乗り込んでいき、金正恩総書記に対してアプローチをかけ、米国との直接対話を実現するためには日本政府との対話と交渉が必要不可欠なのだと知らしめるべきではないでしょうか。

北朝鮮から見れば、トランプ大統領と安倍総理はゴルフに興じる大の親友であり、日本は米国と一心同体の関係であって、対話や交渉する相手ではないと見えているのではないでしょうか。日本政府の取り組みは主体性に欠け、何もかも米国任せで中途半端になっているような気がしてなりません。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    生活保護のしおりに誤解招く表現

    藤田孝典

  2. 2

    日本人が言わない「遺伝の影響」

    橘玲

  3. 3

    親日の美人議員 文大統領を批判

    高英起

  4. 4

    照射問題に沈黙の立民理解できぬ

    城内実

  5. 5

    全裸レストランが失敗する理由

    東龍

  6. 6

    韓国も低空飛行実施 呆れた批判

    tenten99

  7. 7

    元人気女子アナが韓国政府を批判

    高英起

  8. 8

    サマソニでトリ B'z批判は的外れ

    常見陽平

  9. 9

    韓国が隠したい北朝鮮の密漁援助

    SmartFLASH

  10. 10

    女性皇族認めない承継儀式に疑問

    小宮山洋子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。