記事

EV普及は中国の国策の効果次第か

電気自動車は勢い良く販売台数が伸びてきています。世界での販売台数が昨年上期の30万6639台から2017年上期は47%増の45万2329台となっています。その牽引車となっているのが中国です。それ見たことか、電気自動車に乗り遅れた日本はまたスマートフォンの二の舞いを踏むという声も聞こえてきそうですが、いやことはそう単純ではありません。

中国で電気自動車が伸びてきたのは、政府からの補助金に加え、ガソリン車にかけている規制を外す優遇策が取られているからです。その補助金も、2020年には打ち切られるといいます。いつまでも補助金では、売れれば売れるほど財政が圧迫されるからでしょう。電気自動車の普及促進は、補助金政策からメーカーへ新エネルギー車の販売ノルマを課す政策への転換を打ち出しています。2019年は各社年間販売台数の10%に、2020年は12%に引き上げようというのです。

本気でしょうか。2016年中国での自動車販売台数はおよそ2,800万台でしたが、電気自動車が売れたのは40万台で、およそ1.4%。このまま倍々ゲームで伸びていくという計算でしょうか。かなり楽観的な見通しに基づいた販売義務で、自動車市場を縮小させないと実現できそうにありません。

さらにウォール・ストリート・ジャーナルに気になる記事がでています。中国で電気自走車は既に供給過剰の状態にあり、今年1〜9月の生産台数は42万4000台にもかかわらず、一方、販売台数は39万8000台にとどまったというのです。しかも、このうち消費者に販売した割合は4分の1程度にすぎず、残りは国営のタクシー会社や公共サービスが購入した可能性も否定できないようです。さらに、中国国産電気自動車の先駆者である比亜迪(BYD)と北京汽車工業(BAICモーター)の1〜9月の販売台数が、電気自動車に注力しすぎたことが災いして、それぞれ19%減、26%減となってしまったとしています。

「作っても売れない」 悩む中国のEVメーカー - WSJ :(有料記事)

電気自動車はまだまだ消費者のニーズを満たすレベルに達していないのです。テスラの成功はモデルS、モデルXで、高価格で電池を満載し、実用的な航行距離を確保したことと、電気自動車を「新世代エコカー」から「加速性能が抜群の自動運転機能までついた新世代カー」に転換したからでした。

そのテスラも、不安材料がないわけではありません。2017年7〜9月期決算で売上高は前年同期比29.9%増とはいえ、四半期決算過去最大の赤字(約700億円)となりました。テスラが、ほんとうの意味での自動車メーカーになるはずだった、35,000ドルのモデル3も生産が遅れに遅れてしまっています。

米テスラ、「モデル3」量産目標後ずれ 第3四半期は最大の赤字 : 

どこまでも夢を追い求めるテスラのイーロン・マスクCEOは、電気スポーツカー「ロードスター」と電気トラックの試作車を発表するなど強気で、さらに中国の上海に自社工場を建設し、中国市場の成長を取り込もうとしていますが、果たして思惑通り、中国市場が勢い良く伸びつづけるのかの不安材料もでてきました。

テスラが発表した電動トラックは、イーロン・マスクにとって「大きな賭け」になる|WIRED.jp : 

まだまだ国策の後押しと補助金頼みの電気自動車ですが、ただ販売義務化は、各社とも赤字覚悟の身を切るような販売にでてくるでしょうから、それがどんな変化を生みだすのかが焦点になってきました。あとは、電気自動車の弱点を克服する次世代電池と目されている「全固体電池」が、いつ、誰によって実用化されるのかにかかわっているのだと思います。

EV向け本命「全固体電池」5年で実用化へ  :日本経済新聞 : 
【CES 2018】フィスカー、全固体電池の特許を申請…航続800km以上 | レスポンス(Response.jp) : 

あわせて読みたい

「EV」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。